ホーム | 日系社会ニュース | 将棋連盟=60人参加で王将戦大会=優勝は安部和夫五段

将棋連盟=60人参加で王将戦大会=優勝は安部和夫五段

ニッケイ新聞 2009年5月27日付け

 ブラジル将棋連盟(奥田定会長)主催の「第三十七回王将戦大会」が二十四日、リベルダーデの同連盟会館で行なわれた。
 今大会には六十人が出場。ミナス州やリオ、クリチーバ、ソロカバなど遠方からも多数訪れた。
 五段以上の王将戦では、サンパウロ市の安部和夫五段が優勝。また非日系の愛好者でサンカエターノから参加したジェーメス・マン・デ・トレドさんは二段戦で二位に入賞する健闘を見せた。
 大会結果は次の通り。
【王将戦】優勝=安部和夫、二位=吉田国夫(サンパウロ市)、三位=柳瀬布喜夫(クリチーバ)、四位=栗原松夫(サンパウロ市)。【四段戦】優勝=宮地修三(サンパウロ市、五段に昇段)、二位=坂本昇(サンパウロ市)、三位=山田孝由(サンパウロ市)。【三段戦】優勝=尾谷文夫(サンパウロ市、四段に昇段)、二位=竹内良明(サンパウロ市)、三位=西山洋(サンパウロ市)。【二段戦】優勝=小林セルジオ(グアルーリョス、三段に昇段)、二位=ジェーメス・マン・デ・トレド(サンカエターノ)、三位=貴志保夫(サンパウロ市)。【初段戦】優勝=手代木敏長(二段に昇段)、二位=林正吾、三位=ニコラス(サンカエターノ)。【親睦戦A】優勝=玉城パウロ五段(サンパウロ市)、二位=稲村シゲキ五段(パラナ州)、三位=福沢哲男四段(サンパウロ市)、【親睦戦B】優勝=鈴木順造三段(クリチーバ)、二位=結城健次三段(ソロカバ市)、三位=岩田英一三段(リオ・デ・ジャネイロ)。 
(敬称略)

image_print

こちらの記事もどうぞ