ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2009年6月2日付け

 若者の活字離れが指摘されて久しいが、携帯で読む小説の人気はなかなかとか。東京のNPO法人が在日ブラジル人に読んでもらおうと、日本の小説をポルトガル語に訳し、先月からサイト上で掲載を始めた。読売新聞が報じた。内容は、女子高校生と男子大学生の恋愛物語。避妊の大切さや性感染症の怖さ、男女の恋愛コミュニケーションの取り方などが盛り込まれたものだとか。「日本語の壁もあって性知識に乏しいブラジル人の子供が多い」と団体代表。市民団体の支援が広範になっていることに感心。
     ◎
 県連の代表者会議。先月の文協選挙で当選した木多喜八郎会長のあいさつ。発足した新理事会メンバーはほぼ二世で占められているが、一世団体を重視する姿勢をアピールか。惜敗した小川彰夫さんも訪れ、「県連を入れて十四の県人会が評議員になっている。グループとしては一番票を持っている」と強調した。こちらは二年後の次期選挙にらみ!?
     ◎
 「あるぜんちな丸」で渡伯した日本移民を追ったNHK特番『航跡・移住31年目の乗船者名簿』にも出ている町田嘉三さん(七段)。本人も全伯空手大会に出場して優勝した輝かしい経歴を持つが、三男のリョートさんは総合格闘技でついに世界一に。三月には、北京五輪の柔道百キロ級で金メダルを獲得した石井慧さんが、総合格闘家を目指して町田道場で武者修行していた。日系ブラジル人王者に、日本人挑戦者が世界最強を賭けて挑む日も遠くないかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • 前県連会長本橋氏らに栄誉=外務大臣表彰、受賞者が決定2016年7月14日 前県連会長本橋氏らに栄誉=外務大臣表彰、受賞者が決定  平成28年度(2016年)外務大臣表彰の受賞者が13日に発表された。在伯大使館管内から1人、在ベレン領事事務所管内から2団体、在聖総領事館管内から3人と計6の個人・団体が選出された。昨年は外交120周年を記念し、全伯で102人が表彰を受けていた。今年の受賞者と功績は以下の通り […]
  • 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人2018年7月17日 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人  2018年度外務大臣表彰の受賞者が、本日発表された。ブラジル日本移民110周年を迎える今年は、在伯大使館、在聖総領事館、在クリチバ総領事館、在マナウス総領事館、在レシフェ総領事館、在ポルトアレグレ領事事務所から、例年を上回る計37人の個人・団体が選出された。主な受賞者とその功 […]
  • 第62回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄冠=110周年記念して将棋にも=サンパウロ市議会で4日に授賞式2018年4月5日 第62回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄冠=110周年記念して将棋にも=サンパウロ市議会で4日に授賞式  伝統あるニッケイ新聞主催の『第62回パウリスタ・スポーツ賞』授賞式が来月4日夜、サンパウロ市議会の貴賓室で行われ、25人に栄えある記念プレートが授与される。戦後の日系スポーツ振興を目的に創設され、今年で62回目を迎えた。今回は日本移民110周年を記念して特別賞に将棋部門を設け […]
  • 「すでに10県の参加決定」=地域リーダー交流事業に=3月15日まで受け付け中2008年2月15日 「すでに10県の参加決定」=地域リーダー交流事業に=3月15日まで受け付け中 ニッケイ新聞 2008年2月15日付け  百周年記念協会(上原幸啓会長)の主催事業である「21世紀の日伯地域リーダー交流事業」の日本側の参加者募集が進んでいる。これはブラジル日本文化福祉協会、ブラジル日本都道府県人会連合会、ブラジルふるさと創生協会との共催で行われる。  「 […]