ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 ジャパン・ハウス(Avenida Paulista, 52)は、「日本の47都道府県の料理」の講演が30日午後7時から同館で行なう。講演1時間前から受付可能。講演者は、今年3月に日本食普及の親善大使に選ばれた、日本食レストラン「藍染」のオーナー兼シェフの白石テルマさん。講演では、日本の47都道府県の多様性や文化的な豊かさについて説明する。北から南まで、各地域が地理・気候的にどのような特徴があり、更に各地域が地元の食材を用いてどのような伝統的料理があるか等が語られる。早速、親善大使としてイベントを開催した白石さん。当地のブラジル人だけでなく、日本人でも日本食の豊かさを学ぶのは面白いかも?
      ◎
 6月16日に催される「松前ひろ子・三山ひろしスペシャルコンサート」まで1カ月を切った。主催の池田マリオプロダクションの池田社長によれば、三山さんはブラジル滞在中に日本人移民ゆかりの地を巡る予定だとか。サンパウロ市イビラプエラ公園の日本移民開拓戦没者慰霊碑、パラグアイのイグアス移住地、パラナ州アサイ市のコーヒー農園、同市の旭城などを訪問する。また東洋街のラルゴ・ダ・ポルボラに設置を予定している水野龍の胸像のテープカットにも出席予定。「移民の祖」水野龍と同じ高知県出身で、移民の日に合わせて公演開催を希望した三山さん。滞在中にブラジルを好きになり、日伯の懸け橋としての活躍を願いたい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年3月24日 大耳小耳  ブラジル日系熟連クラブ連合会の機関紙『ブラジル老荘の友』553号の俳壇(吉田しのぶ選)には、興味深い句が並んでいた。《ブラジルに慣れしも正月雪恋し》(寺田雪恵)には、その通りと膝を打った。《三つ日坊主と知りつつ求む日記帳》(岩崎ゆりか)にも共感。年末年始に何度も誓って書き始め […]
  • 大耳小耳2020年3月21日 大耳小耳  コロナ危機の影響で、水曜日からリベルダーデ日本広場の周辺が寂しくなっている。角にある丸海グループのコンビニ「MARUSO」は早々に一時閉店し、その向いの「喫茶店「89℃コーヒー・ステーション」も20日時点で一時休店になった。スーパー「丸海」や「ブエノ」、「海鮮」などは営業して […]
  • 大耳小耳2020年3月19日 大耳小耳  東京大学保健センターサイトによれば、新型肺炎の症状は以下の通り。 《★風邪の症状や37・5℃以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます) ★強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2 […]
  • 大耳小耳2020年3月3日 大耳小耳  2月18日付樹海コラム《県連日本祭りで「日本移民ショー」改訂版再演を》に対する読者からの感想が送られてきた。サンパウロ州ポンペイア在住の須賀得司さんで、ありがたいことに《大いに共鳴、一筆参らす次第》とのこと。一世が日本語世界の中で主張した日本文化を、二世、三世がポルトガル語世 […]