ホーム | Free | 大耳小耳

大耳小耳

 ジャパン・ハウス(Avenida Paulista, 52)は、「日本の47都道府県の料理」の講演が30日午後7時から同館で行なう。講演1時間前から受付可能。講演者は、今年3月に日本食普及の親善大使に選ばれた、日本食レストラン「藍染」のオーナー兼シェフの白石テルマさん。講演では、日本の47都道府県の多様性や文化的な豊かさについて説明する。北から南まで、各地域が地理・気候的にどのような特徴があり、更に各地域が地元の食材を用いてどのような伝統的料理があるか等が語られる。早速、親善大使としてイベントを開催した白石さん。当地の伯人だけでなく、日本人でも日本食の豊かさを学ぶのは面白いかも?
      ◎
 6月16日に催される「松前ひろ子・三山ひろしスペシャルコンサート」まで1カ月を切った。主催の池田マリオプロダクションの池田社長によれば、三山さんは伯国滞在中に日本人移民ゆかりの地を巡る予定だとか。聖市イビラプエラ公園の日本移民開拓戦没者慰霊碑、パラグアイのイグアス移住地、パラナ州アサイ市のコーヒー農園、同市の旭城などを訪問する。また東洋街のラルゴ・ダ・ポルボラに設置を予定している水野龍の胸像のテープカットにも出席予定。「移民の祖」水野龍と同じ高知県出身で、移民の日に合わせて公演開催を希望した三山さん。滞在中に伯国を好きになり、日伯の懸け橋としての活躍を願いたい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年6月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』第474号が4月に刊行された。《春雷の一喝に雨上がりたる》(秋村蒼一郎)からは、昔風の「怖いオヤジ」のような自然への畏敬と敬愛が感じられる。《老いの掌に三度叩きて蚊を逃す》(杉本三千代)には、電撃ラケットをお薦め。鈍る動きを文明で補う? 《人家埋めダムも決壊秋出水 […]
  • 大耳小耳2019年6月14日 大耳小耳  サッカー南米選手権(コパ・アメリカ)の日本代表初戦、チリ戦がいよいよ来週17日(月)に迫っている。だが試合会場のモルンビースタジアム(Praca Roberto Gomes Pedrosa, 1, […]
  • 大耳小耳2019年5月29日 大耳小耳  最近本紙でも座談会を連載した「終活」だが、本日午後1時から援協本部ビル(Rua Fagundes, 121, […]
  • 大耳小耳2019年5月23日 大耳小耳  6月2日に「健康体操の日」「協会創立13周年」フェスティバルを主催するブラジル健康体操協会は、日本のNPO法人「全日本健康音楽研究会(齋藤千代子会長)」の伯国支部だ。これは中高齢者の健康増進を目的に、童謡やよく知られた楽曲に合わせストレッチ体操や気功体操を行うもの。ストレッチ […]