ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2009年7月2日付け

 「ガランチード」と「日本移民」という組み合わせは、なぜか相性が良い。アマゾンの牛祭りでは、〇六年に二年も先取りして百周年を顕彰、見事優勝していた。しかもテレビで全伯に生中継され、結果的に〇八年に全伯で百周年が盛り上がる下地の一部を作ったようだ。百年祭の勢いを借り、今年のアマゾン入植八十周年も盛り上がりそう。「ジャポネース・ガランチード」と昔から言われているが、奇しくもそれがアマゾンでも証明された?! 
     ◎
 開催間近となった県連主催の『日本祭』。先月九、十の両日、COVISA(サンパウロ市衛生局)で衛生面について注意事項説明会が開かれた。「調理従事者に対する健康診断は必要ない」「マスクや手袋の着用義務はないが、怪我人や風邪をひいている人は、食べ物に手をつけない」「食料の有効期限をよく確認すること」などが挙げられた。栃木県人会で今月七日、詳細に関する説明会が開かれる。
     ◎
 人気の宮城県人会青葉祭り。今月は県連のフェスティバル・ド・ジャポンがあるため、通常の第三週目末から一週間ずらして第四土曜日に。また、開始以来第三土・日に欠かさず行なわれてきた同祭りだが、今月以降は第三土曜のみの開催になるという。確かに他のフェイラもあるADESCの皆さんにとっては、月に三日、一日中というのは中々厳しい話。常連にとっては少々寂しいかもしれないが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流2018年8月2日 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流  ブラジル日本移民110周年のための皇室公式訪問最終日の28日、眞子さまはパラー州都ベレンの汎アマゾニア日伯協会(生田勇治会長)で行われた日系社会歓迎行事のほか、同地の日系人や日本移民とのご引見、ヴェル・オ・ペゾ市場の視察などをされた。式典には約230人が参加し、3回目 […]
  • 第35回武本文学賞を総括して=作品にコロニア語を使おう=ブラジル日系文学会長 中田みちよ2018年1月10日 第35回武本文学賞を総括して=作品にコロニア語を使おう=ブラジル日系文学会長 中田みちよ  「武本文学賞」というのは、日系社会の文学活動を創立時からささえてきた武本由夫(1983年逝去)を顕彰して設置されたものである。83年に募集され第一回発表が1984年発行の「ブラジル日系文学15号」誌上、その後35年間継続されてきている。  そして2015年には創刊5 […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]
  • 大耳小耳2016年7月9日 大耳小耳  千葉県船橋市の「ふなっしー」など日本では「ご当地キャラ」が大流行だ。郷土の特徴をヒントにしたキャラクター、マスコットをつくり、観光や町おこしの起爆剤として重宝されている。その波に乗って、ついに今回の県連日本祭りでは「県人会キャラ」が登場することになった。福島県人会では、なんと […]