ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年5月25日

 県連による「東北被災者招聘交流事業」。被災者による講演会は、「日本祭りの中だと、客も落ち着いて聞けないだろう」との考えで、祭り後の開催となった。ただ、平日火曜日の夜という日程のため「人が集まるだろうか・・・」との懸念も。費用や時間の制限もあり、通訳の有無はまだ決まっていない。ともあれ一回だけの講演会、多くの人の心に届いてほしいもの。
     ◎
 史料館が聖州政府と共催して行う着物展。ルアネー法の認可がおりたことで、日本の大手銀行・三菱東京UFJ銀行ブラジル法人の後援も取り付けることができたのだとか。同社にとって、日系イベントを後援するのは初めてのことだという。それでも「着物収蔵庫にかかる費用分の半分にも足りておらず、このままではまずい」と心配顔の森口イナシオ運営委員長。企業関係者は文化保護のためにもぜひ利用の検討を。
     ◎
 今月25日から約2カ月間、神戸市の「海外移住と文化の交流センター」で、日伯協会による企画展「ブラジルの医療に献身した日本人たち」が開催される。1923年に黄熱病研究にきた野口英世氏、同仁会の細江静男氏、高岡専太郎氏らに関するパネルや資料など約60点を展示し、日本移民を苦しめた風土病に立ち向い、医療や日本病院建設に貢献した医師たちを紹介する。かの野口英世は有名でも、同仁会医師は日本では知られていない。これをきっかけに興味を持ってもらえば、という日伯協会の好企画か。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2018年6月29日 大耳小耳  日伯文化連盟(アリアンサ、大城幸雄理事長)が同ピニェイロス文化センター(Rua Deputado Lacerda Franco, […]
  • 大耳小耳2017年4月7日 大耳小耳  4日付本面「5県人会の第22回屋台祭り」の記事中に誤りがあった。滋賀県人会が出すのはてっきり「近江肉うどん」かと思っていたら、本当は「関西風しょうゆラーメン」だそう。20レで販売する。聖市のラーメンブームに新しく関西風が参入だ。レストランの料理は一年中食べることができるが、婦 […]
  • 大耳小耳2018年4月19日 大耳小耳  聖州パウリスタ線の中心都市にあるマリリア日系文化体育協会(シミズ・ケンイチ会長)が主催する「第16回ジャパン・フェスチ」が、19、20、21、22日の4日間、同協会(Av. Benedito Alves Delfino, […]
  • 大耳小耳2016年9月13日 大耳小耳  「ウチナーンチュの心」を次代に伝えるための日ポ両語の同人誌『群星』第2巻が、ブラジル沖縄県人移民研究塾(宮城あきら塾長)により7月に発刊された。9月20日にその合評会が予定されていたが、大事な有志、高安宏治さんが入院・手術中ということもあり、延期になった。高安さんは、本紙6面 […]
  • 大耳小耳2017年2月14日 大耳小耳  国際交流基金は、16日午後7時から、聖市の三重県人会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]