ホーム | 連載 | 2009年 | アマゾンを拓く=移住80年今昔=【パリンチンス/ヴィラ・アマゾニア編】 | アマゾンを拓く=移住80年今昔=【パリンチンス/ヴィラ・アマゾニア編】=《1》=武富会長「日本人の歴史残したい」=八紘会館再建への夢=9月にはジュート記念碑建立も

アマゾンを拓く=移住80年今昔=【パリンチンス/ヴィラ・アマゾニア編】=《1》=武富会長「日本人の歴史残したい」=八紘会館再建への夢=9月にはジュート記念碑建立も

ニッケイ新聞 2009年7月3日付け

 奇祭と呼ばれるアマゾンのカーニバル「ボイ・ブンバ」で世界的に有名となったパリンチンス。六月末には多くの観光客が訪れる町だが、かつてアマゾン経済を潤したジュート(黄麻)栽培の発信地であり、その先鞭をつけたのが日本人だった。一九三〇年、現地を視察した上塚司(1890~1978)は、後にアマゾニア産業研究所を設立。パリンチンス下流の土地をヴィラ・アマゾニアと名付け、〃理想郷〃建設に乗りだした。日本側では開拓の人材育成を目的に、国士舘高等拓植学校(後の日本高等拓植学校)を開校、三一年から卒業生(通称・高拓生)約二百五十人を送り出している。今。パリンチンスでもその歴史を知る人は少ない。〃兵どもが夢の跡〃を訪ねた。(堀江剛史記者)

 マナウスから東に約四百キロ。ゆるくカーブを描いた地平線まで緑が続く。そのなかを大アマゾンが大蛇のようにうねる。
 延々と変わらない景色に、アマゾンの広大さを体感し始めた頃、人口約十一万の都市、パリンチンスの町が姿を見せる。
 記者が訪れたのは、五月上旬。翌月の開催に向け、空港に張られた「ボイ・ブンバ」のポスターが目に入る。
 近寄ってくるタクシーの運転手によれば、セントロまで一律三十レアルと決まっているという。
 とりあえず、「アミーゴがいるので…」とやり過ごそうとすると、「マリオ・タケトミ(武富)か?」と返してくる運転手。マリオ氏はパリンチンス日伯協会の会長。マナウスの空港から連絡していただけに驚く。
 「ここの日本人はみんな知っているよ」と運転手が次々に挙げる名前を聞きながら、荷物をトランクに投げ込んだ。
 街灯が少なく、町は暗い。今年の大水でいたるところが冠水している。
 目抜き通りのホテルに投宿、マリオ氏に早速連絡すると、「今から迎えに行くから、一緒に夕食を食べよう」という。
 待っている間、旅行の目的を聞いてくるホテルの女性従業員に取材の主旨を話すと、関心なさそうな様子を見せ、「六月のボイ・ブンバに来ないと。普段は何もないわよ」と笑った。
 暑い。ホテルを出て通りを歩くと、コカコーラのシンボルカラーの赤ではなく、青の看板が立っている。ビールのKAIZERのものもある。赤(ガランチード)と青(カプリショーゾ)で争うボイ一色、いや二色の町なのである。
 一回りして帰ってくると、マリオ氏がバイクで現れた。パリンチンスではバイクが主な交通手段。モトタクシーも市内一律三レアルと大変便利である。
 挨拶もそこそこに渡されたヘルメットをかぶり、バイクに跨って、わずか五分後。アマゾン川の風に吹かれながら、ベレンのビール「CERPA」で歓迎を受ける。
 武富マリオ氏(52)はウルクリツーバ生まれの三世。マウエス生まれの父と現地人のメスチッソ。アマゾンから出たことがない生粋の〃バイショ・アマゾニネンセ〃だ。船会社を経営する。
 「ジュート栽培を始めた日本人の歴史を残したい」という思いから、十年ほど個人的に調査を行なうほか、西部アマゾン地区の日本人移住八十周年記念事業『ジュート記念碑』(ヴィラ・アマゾニア、九月二十二日)の竣工式の準備も進める。
 マリオ氏の夢は、第一回高拓生入植から八十年目となる二〇一一年に向けた八紘会館の再建だ。
 ヴィラ・アマゾニアの活動本部だった八紘会館は移住事業十周年を記念して建てられた。日本の宮大工が日本の瓦を使った高拓生の象徴的建築だったが、九一年に取り壊され、現在は何も残っていない。
 パリンチンスやヴィラ・アマゾニアの市関係の許可を取る一方、地道に地元でその意義を説いて回っている。
 「NGO団体を発足し、文化活動を行なっていければー」。パリンチンスでも日本語学習熱が高まっていることから、すでに国際協力機構(JICA)に日本人教師ボランティアの派遣を申請、来年から日伯協会の会館で日本語講座も開講する予定だ。
 熱い思いを持つマリオ氏と翌日、ヴィラ・アマゾニアに行くことを約束し、タンバキーのグリルを注文。もちろん「CERPA」も追加した。  (つづく)

写真=(上)「アマゾン発展に貢献した日本人の足跡を残したい」。地道な活動を続ける武富マリオ会長/八紘会館。ヴィラ・アマゾニアの本部。高拓生の象徴だった。91年に取り壊され現在は何も残っていない

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ=日本語遊悠会に3百人=劇、ゲームなど楽しむ2009年10月6日 リオ=日本語遊悠会に3百人=劇、ゲームなど楽しむ ニッケイ新聞 2009年10月6日付け  リオ・デ・ジャネイロ日本語教師会・在リオ日本国総領事館文化広報センター共催による「第12回日本語遊悠会」が先月19日、市内コズメベーリョのリオ日本語モデル校体育館で約300人の参加者を得て行われた。 […]
  • 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室2018年12月1日 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室  日本語学校のスポーツが好きな13~17歳の生徒が参加する『聖南西青空スポーツ教室』(聖南西教育研究会主催)が11月15日、ピラール・ド・スール文化体育協会のグランドで開催された。  年に5つある生徒参加地区行事の中でも、12月に行われる林間学校とともに生徒がとても楽 […]
  • 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表2018年11月9日 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表  第9回ブラジル三州パラグアイ交流日本語お話大会が10月27日、パラナ日伯文化連合会で開催された。パラナ日伯文化連合会主催、パラナ日本語教育センター実施、在クリチバ日本国総領事館、国際交流基金後援。  今大会ではパラグアイの日本語学校は欠席となったが、パラナ州から8校 […]
  • サンタクルス病院で日本語講座=「おもてなし」130人が学ぶ2018年8月17日 サンタクルス病院で日本語講座=「おもてなし」130人が学ぶ  サンパウロ市のサンタクルス病院(石川レナト理事長)は6日から、職員を対象に日本語講座を始めた。日系人・日本人の患者のために日本語を習得することが目的。テーマを「おもてなし」とし、日本式の応対法も指導する。  講座のテーマは「おもてなし」。日本語学習を通じて日本式の応 […]
  • 110周年作文コンクール授賞式=ブラジリア日本語普及協会=山田大使「日本語は重要な懸け橋」2018年7月26日 110周年作文コンクール授賞式=ブラジリア日本語普及協会=山田大使「日本語は重要な懸け橋」  首都のブラジリア日本語モデル校の講堂で6月30日午前、「ブラジル日本移民110周年記念作文コンクール授賞式」が行なわれた。式典には、受賞者5人を含め約170人が参加した。  ブラジリア日本語普及協会(AELJB、三分一貴美子理事長)の主催で行われた同コンクールにブラ […]