ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2009年7月9日付け

 米国ロスアンゼルスで七日に行われた〃POPの王〃マイケル・ジャクソンの葬儀はテレビなども競って中継。テレビ視聴率は平日と大差なかったが、インターネット接続は相当増えたという。バイア州サルバドールでは一四時から、九六年の訪伯時にMジャクソンと共演したオロドゥンのメンバーが、Mジャクソンが着用していたのと同じ絵柄のシャツを着て追悼演奏も行った。ロスの葬儀では、「世界一のお父さんだった」と語る娘のパリスちゃんの姿が多くの人の涙を誘った。
     ◎
 クーデター後も抗議行動などが続いているホンジュラス問題に、話合いの糸口が出来た。ノーベル平和賞受賞者でもあるコスタリカのオスカール・アリアス大統領立会いで、セラヤ大統領とミシェレッティ臨時大統領が話合いの座につく事になったもので、アリアス大統領宅で九日から最低二日は話し合う事になると見られている。経済支援停止などの国際的な圧力下、ホンジュラス最高裁はセラヤ大統領に政治的恩赦とも言い出した。
     ◎
 リオ市の動物園のチンパンジーが投げた石が額に当たり怪我をしたという事故で、五〇〇〇レアルの賠償金支払い命令が出された。八日付フォーリャ紙によると、〇六年発生の事故の裁判では、被害者がチンパンジーを挑発したに違いないと言う動物園側に対し、挑発などしていないと被害者が反論。動物園側が控訴するかは未定だが、当のチンパンジーは我関せずと遊ぶ様子が好対照。
     ◎
 護憲革命記念日からの連休は、サンパウロ州カンポス・ド・ジョルドンの音楽コンサートなど、旅先で楽しむ人も多い。十日は通常通り機能する所が多いが、サンパウロ市の保健所やプロコンの電話応対は休業。

image_print

こちらの記事もどうぞ