ホーム | 連載 | 2009年 | リオ=グランドスラム柔道観戦記 | 寄稿=リオ=グランドスラム柔道観戦記=(下)=柔道家=石井千秋

寄稿=リオ=グランドスラム柔道観戦記=(下)=柔道家=石井千秋

ニッケイ新聞 2009年7月14日付け

 期待されたブラジル勢の六十五キロ級のジョアン・デルリは五位、チアーゴ・カミーロは三位、百キロ級のルシアーノ・コレアも決勝でオランダのバンジェストに手の内を読まれ、完敗したのは残念だった。
 ブラジルの女子陣は、北京オリンピックの銅メダリストで期待のキャサリンがケガで出場できず、その分、ジュニアのラファエルが三位、サーラ・メネゼスとエリカ・ミランダも三位に入賞して気をはいた。日系のダニエラ・ユリとカミラ・ミナカワは一回戦で破れ姿を消した。
 篠原監督に言わせるとこれでもブラジルは七十点ぐらいだという。リオで行われた世界選手権大会と比べれば、ちょっと残念だったに違いない。女子はその点本当に頑張ったようだ。
 柔道は一回優勝したり、上位に食い込むと、次の大会ではすっかり研究されてしまい、対策を講じられ惜敗することが多い。連覇ということはいかに難しい事か思い知らされる。チアーゴ・カミーロ、ルシアーノもその例にもれなかった。
 それにしても日本の柔道チームの不甲斐なさには腹がたった。女子の金メダル二個は、まあまあとしても男子の金メダルゼロは情けなかった。次の大会は十二月に東京で開かれる。その時までに何か対策を講じなければなるまい。五千ドルという一位の賞金は豊かな日本勢にとってはそんなに魅力が無いのかも知れない。とにかく厳しさが足りない。〃ナニクソ〃〃やってやる〃という気力が少しも感じられなかった。ロシアやブラジル、フランスにはそれがあった。
 柔道は格闘技である。まあいいとか負けてもアイツはチャンピオンだからしかたないと思ったら絶対に勝てない。稽古のときから自分に暗示をかけて〃俺は強いんだ〃〃俺は絶対倒れない〃と信じて、稽古と挑戦する気持を持たなければ、強くはなれない。
 日本は豊かになりすぎたのかも知れない。日本の中だけで稽古していたのでは勝てない。一人で柔道着をかついで世界中を武者修行してみるような度胸と根性を持たなければならない。強くなりたいなら、いくらでも方法があるはずである。
 ヨーロッパは狭い地帯にたくさんの国があるので交流も激しい。出稽古による腕みがきが易しい。ブラジルが強くなった最大の要因は、まずハングリー精神が旺盛なことだが、サンパウロに我々が作った南米講道館の大道場の存在が大きい。南米はおろかヨーロッパやアジアからも修行者がいつも来伯する。そしてサンパウロ中はおろか、ブラジル中から強くなりたい者が集まり、朝晩の集中稽古が欠かせない。しかも皆合宿である。
 母体になる選抜された六十人の強化チームがいるので、稽古相手には事欠かない。我々も時々練習に行くが、皆真剣に頑張っている。フランス、ドイツ、イギリス、スペイン、ポルトガル、アルゼンチンなどからいつも四、五人ずつ来伯し、交流、練習をしている。だからブラジルの若手は組手は厳しいし、良く試合のルールやかけひきを知っている。
 日本の選手より、ずっと国際的で、気軽に外国に呼ばれて出かけて行く。個人でもインターネットで選びヨーロッパやアメリカ、カナダへ出かけて行く。ブラジル人にはいい意味でずるさがあり度胸がある。この点をもっと日本チームも見習って欲しいものである。
 以上、試合を見て感じたことを書き並べてきたが、すべて私の独断と偏見で感想を述べた。
      (おわり)



image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第56回パウリスタ スポーツ賞=16部門から17名を選出2012年3月31日 第56回パウリスタ スポーツ賞=16部門から17名を選出 ニッケイ新聞 2012年3月31日付け  本社主催、第 回パウリスタ・スポーツ賞贈呈式が4月3日午後7時(火曜日)より、サンパウロ市議会にて行われる。  今年は 部門から 名が各協会、クラブの推薦により選出された。 […]
  • 第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰2016年6月11日 第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰  ニッケイ新聞が主催する「第60回パウリスタ・スポーツ賞」が16日にサンパウロ市議会の貴賓室で行われる。コロニアおよびブラジル社会において、現役で活躍の選手や引退後の指導者、審判として、競技の振興や普及に尽力した功労者に対し、「特別賞」4人を含む22人を表彰するもの。今年60年 […]
  • コロニア新世紀を占う=どうなる、どうする=ブラジルの〃ニッポン〃=各界10人が大胆に予想2008年7月5日 コロニア新世紀を占う=どうなる、どうする=ブラジルの〃ニッポン〃=各界10人が大胆に予想 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け  コロニア新世紀を迎えた今、ブラジルは空前の日本ブーム。日本食はもちろんのこと、高まる日本語熱、そして、様々な日本文化の影響は、すでにこの国の多様性を語るには欠かせない要素となっている。百年をかけて浸透し、ブラジル化した〃日系文化〃が […]
  • 2008年7月5日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=各地の百周年式典を総括 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け ◆座談会参加者の紹介深=本紙の編集長ながら、最多のブラジリア、サンパウロ、パラナ、ベロ・オリゾンテを取材。若手記者を大きく引き離す奮迅の活躍ぶりを見せた。神=邦字紙記者歴四十余年、唯一過去の周年行事を取材。サンパウロ・サンボードロモ式典会 […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]