ホーム | 日系社会ニュース | 静月流と静風流=お花とお茶を楽しんで=文協貴賓室で13日

静月流と静風流=お花とお茶を楽しんで=文協貴賓室で13日

ニッケイ新聞 2009年9月10日付け

 華道静月流・大塚グループ(大塚益代代表)と煎茶道静風流ブラジル灯楽会(森百里子会長)は、十三日午前十時から午後五時まで文協貴賓室(サンジョアキン街381)で「第一回花とお茶のコラボレーション」を開催する。入場無料。
 今回は、茶室に茶花以外の生け花も用いてデコレーションを行うという新しい試み。同グループから約二十五人が集まって準備する。
 当日は、同会から約三十人が集まり煎茶の御点前を披露する。お茶券は一枚五レアル。
 案内に訪れた大塚代表、同会の松酒喜美子副会長、岡本和子副会長は「新しい試みなので、ぜひ見に来て下さい。きれいな花を鑑賞しながら、お茶を味わってみては」と来場を呼びかけた。
 問い合わせ・詳細は、同会(電話=11・5579・6439)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ