fbpx
ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2009年9月11日付け

 ノロエステを取材すると、なぜか心を洗われる気がする。原点に返らされ、忘れてはいけない大事なものを思い出させる何かがある。「移民のふるさと」と呼ばれるのは、単に歴史があるからだけではないとしみじみ感じる▼ノロエステ連合創立五十周年式典を取材して、とても温かい気持ちになり感銘を受けた。アラサツーバ市長と昼食時に歓談していて、「ボクは子ども時代に家族で白石一資会長の農場で働いていた」と聞いて驚いた。白石会長に確認すると、「彼はとてもウミウジ(慎ましい)な家庭に生まれ育って州議になり、市長にまでなった。日系社会と縁が深い立派な人です」と太鼓判を捺す▼市長は続ける。「この講堂は一般市民にとっても、思い出深い場所。この町で一番大事なイベントは、ここで行われたといっても過言ではない。例えば八〇年頃、ジルベルト・ジルやエリス・レジーナがここでコンサートを開き、文化的エリートが集まった。この町は大きく成長したが、今も特別な場所です」と敬意を示す▼夜行バスで早朝六時過ぎに到着しすぐに会館に向かったら、もう婦人会のみなさんがカフェの準備をしていた。六百人分の昼食、夕食を作り、裏方に終始した。宮田美智子会長に聞くと「今日は本願寺バザーとか生長の家の大きなイベントが重なっているから、いつもよりメンバーが少ない。なんとか間に合ってよかった」と胸をなで下ろす▼当日百キロのご飯を炊いた炊事部長の井田絹代さんによれば、金曜日は日本語学校のビンゴ、土曜の仕込みを経ての当日だ。この婦人会あっての連合だと痛感する。縁の下の力持ちにチラ・シャペウ(脱帽)。 (深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2014年4月23日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年4月23日  ブラジルでも〃ガボ〃の愛称で親しまれた文豪ガブリエル・ガルシア・マルケス氏の死に対し、ブラジルの有名人も次々と追悼の辞を捧げている。ジウマ大統領は「彼は子供に新しい世界を紹介するように読者を架空都市マコンドへと誘った」とし、ルーラ前大統領は […]
  • 軍政開始から50年 連載 ④ 怒れる若者たちの反乱=MPBなどの文化も生まれる2014年4月4日 軍政開始から50年 連載 ④ 怒れる若者たちの反乱=MPBなどの文化も生まれる ニッケイ新聞 2014年4月4日  今回は軍政に反対した民衆について検証する。 民衆側の反乱は、1967年にミナス・ジェライス州とエスピリトサント州の間のカパロン山脈に初の武装ゲリラが結成されてから激化する。その動きは、トカンチンス州のアラグアイア川沿いで大規模なゲリラ活動を展 […]
  • サンパウロ市カーニバルが開催=今年のSグループは?2014年2月28日 サンパウロ市カーニバルが開催=今年のSグループは? ニッケイ新聞 2014年2月28日  28日と3月1日にサンパウロ市北部アニェンビのサンボードロモでサンパウロ市カーニバルのスペシャル・グループのパレードが行なわれる。その見どころを紹介する。  28日のスペシャル・グループのパレードは午後11時15分から行なわれ、レアンドロ […]
  • 高まるロニー・ヴォン再評価=時代を先取りしすぎた元アイドル2014年2月13日 高まるロニー・ヴォン再評価=時代を先取りしすぎた元アイドル ニッケイ新聞 2014年2月13日 60~70年代に数多くの名歌手を生み出してきたブラジル音楽界だが、現在、ブラジルの音楽マニアのあいだで再評価の進んでいる男性歌手がいる。それがロニー・ヴォンだ。 ロニー・ヴォンと言えば、元々は1960年代、その二枚目俳優ばりの端正な容姿で人 […]
  • 60年代「怒れる若者」から=2013年の「抗議の波」まで=かつての活動家が体制側に2014年1月1日 60年代「怒れる若者」から=2013年の「抗議の波」まで=かつての活動家が体制側に 新年号 ニッケイ新聞 2014年1月1日  2013年6月、サッカーのコンフェデレーションズ杯の直前から開催期間中にかけて、全国規模での「マニフェスタソン(抗議の波)」が起こった。同じ頃、エジプトやトルコでもデモが起こったが、ブラジルの場合、かねてからの政情不安があったエジプ […]