ホーム | 日系社会ニュース | 人文研・研究例会=続木善夫氏「農業、食、健康」=17日、文協ビルで

人文研・研究例会=続木善夫氏「農業、食、健康」=17日、文協ビルで

ニッケイ新聞 2009年9月12日付け

 サンパウロ人文科学研究所(田中洋典所長)は研究例会を十七日午後六時半から、文協ビル十四号会議室で開く。
 講師にはブラジル有機農法の先駆者である続木善夫氏を招き「農業、食、健康」をテーマに行なう。入場無料。
 続木氏は、「農業の目的は、安全な食の安定供給だが、現在はそうなっていない。命を支えるのは食であることを考えたい」と話している。
 続木氏は一九二九年大阪生まれ。大阪府立農業専門学校(現府立大農学部)を卒業、五三年にブラジルに移住する。営農指導員、ドイツの農薬会社「バイエル」勤務を経て、農薬販売会社を設立。その後、土壌改良などの研究のため、有機栽培農場を開き、ブラジル初の有機農業協会を発足させる。農業技術関係の著書もある。
 詳しくは人文研(11・3277・8616)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ