fbpx
ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2009年10月2日付け

 3日、4日に予定されていた国家高等教育試験(Enem)の問題が事前に漏れていたことが明らかになり、45日間延期となった。Enemの問題漏洩は初めてというが、全国1800市での実施が予定されていた同試験は、410万人が申し込んでおり、教育省も苦渋の選択。入試に加味する大学や、入試や一次試験の代わりにする大学が増え、受験生にも大きな影響が出そうだ。教育省では、新たな問題を作成すると共に、問題が事前に漏れた経緯について調査を行うことになる。
     ◎
 IPI(工業製品税)の全額減税終了間際の駆け込み需要が生じた9月の自動車販売は、前月比21・85%増の29万6600台という新記録達成。6月の28万9792台も上回る成績に追いつかないのは在庫と生産。給与調整のためのストも重なり、契約して頭金は払ったが、車受取りは来年という人も。節約できたと喜んだ後、減税分の差額は誰が負担するのかも気がかりなところだ。白物家電なども車にあやかる?
     ◎
 アルゼンチンで生まれた後、3歳でエスピリトサント州に移住した96歳で双子のカルヴァーリョ兄弟。兄のプリモと弟のセグンドは、イタリア人牧畜家の息子だが、互いの好みも似ていたのか、若い頃には、同じ女性に憧れ、すったもんだの末、弟の方が結婚にこぎつけた。今や結婚52年というセグンドさん。この話は長年、当事者3人だけの秘密だったが、最近始まったノヴェーラ「ヴィヴェール・ア・ヴィダ」が双子の生涯を扱っていることから、互いの家族に明かすことにしたという。プリモさんは別の女性と結婚後に死別しているが、弟が選ばれたのは鼻の脇のほくろの有無の差だったとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ