ホーム | イベント情報 | 傘寿の大台に3人が=コチア青年の祝賀会=18日

傘寿の大台に3人が=コチア青年の祝賀会=18日

ニッケイ新聞 2009年10月7日付け

 毎年恒例のコチア青年連絡協議会(新留静会長)主催の古希(70歳)、喜寿(77歳)、傘寿(80歳)の「第19回合同祝賀会」が18日午前10時から、宮城県人会館(ファグンデス街152)で開催される。祝賀会の後、講演会も行われる。
 案内に訪れた同協議会の新留会長と杓田美代子副会長によれば、古希は78人、喜寿が42人、傘寿は3人いる。さらに、今年、会員の中に還暦を迎える人がいないことも伝えられた。
 同祝賀会では該当者に記念品と賞状が手渡される。祝賀会の後はコチア青年の肥後秀樹さん提供による昼食懇親会が開かれ、午後はブラジル日本会議の村崎道徳常任顧問が道徳について講演を行う。
 新留会長、杓田副会長は「一年に一度の機会。旧交を温めてください」と呼びかけた。
 昼食懇親会への参加費用は一人50レアルで、事前の申し込みが必要。
 申し込み、問い合わせは同協議会の樺島幸子事務局長(電話=11・3031・1123)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「日系組合、ぜひ永続を!」=全中の萬歳顧問が初来伯=コチア青年ら農家に檄とばす2017年3月9日 「日系組合、ぜひ永続を!」=全中の萬歳顧問が初来伯=コチア青年ら農家に檄とばす  日本の農業組合を束ねる独立的な総合指導機関「全国農業共同組合中央会」(以後、JA全中)の萬歳章顧問(71、新潟県)が4日朝、サンパウロ市に到着した。午前11時からさっそく、ブラジル新潟県人会(南雲良治会長)とコチア青年連絡協議会(前田進会長)が共催する歓迎会に出席し、40 […]
  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]
  • コチア青年移住60周年=総理、外相、農相から祝辞=編纂中の記念誌に掲載へ2015年9月29日 コチア青年移住60周年=総理、外相、農相から祝辞=編纂中の記念誌に掲載へ  編纂中のコチア青年移住60周年記念誌に対し、安倍晋三内閣総理大臣、岸田文雄 外務大臣、林芳正農林水産大臣から祝辞が寄せられた。60周年記念特集に際して、コチア青年の存在がいかに広く認識され、祝われているかを示す証左としてこれを掲載する。未来へ継承される不屈の精神―共に歩む―安 […]
  • 思い出=リベイロン・プレット 大河政義2015年8月4日 思い出=リベイロン・プレット 大河政義  1960年3月13日サントス着の『ブラジル丸』で移住してきた人達が、去る3月13日金曜日にサンパウロの群馬県人会に集い、午前10時から午後3時まで、55年間の歩みを回顧しながら大いに食べ飲みしながら楽しいひと時を過した。今度の集まりにも、コチア青年移民の人達が6名と多く、 […]
  • 当日に投票する会員ら2015年3月31日 文協総会=選挙権持つ評議員決まる=有効票399、大幅減=新役員は4月25日発足  ブラジル日本文化福祉協会(木多喜八郎会長)の第55回定期総会が30日午前、文協ビル2階の貴賓室で行なわれた。立候補82人から正規50、補充25の評議員75人が決定。特に顔ぶれは変わらず、対抗シャッパが出た場合でも、現体制派が支持する呉屋春美氏(現・第一副会長)の新会長就任 […]