fbpx
ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2009年10月7日付け

 愛知県豊橋市国際交流協会は13日からエフエム豊橋で、初歩ポルトガル語会話「はなそうポルトゲス(はなポル)」のラジオ放送を開始する。東日新聞などが報じた。レベルはあいさつなど簡単な日常会話で、日系人が講師を務める。NHK以外の日本人向けポ語のラジオ講座は珍しい。それにしても、放送は週一回の5分間、1カ月わずか20分・・・学習目的にはどうか。
     ◎
 普段何気なく使っているコロニア語だが、日本では一種の研究対象とされる。沖縄県系人はウチナーグチ(沖縄方言)とウチナーヤマトゥグチ(新沖縄方言)、ポ語の3言語を混ぜて話しているそう。6月に発行された書籍「ブラジル日系・沖縄系移民社会における言語接触」(ひつじ書房、8400円)は、同書付録DVDの談話資料でその様子を紹介している。沖縄方言だけでなく、各地方言が入り混じったコロニア語を論じた本のようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ