ホーム | 日系社会ニュース | 療育音楽ボランティア協会=18日にドレミ・フェスティバル

療育音楽ボランティア協会=18日にドレミ・フェスティバル

ニッケイ新聞 2009年10月15日付け

 ブラジル療育音楽ボランティア協会(永山八郎会長)は、「第21回ドレミ・フェスティバル」を18日正午から午後4時まで、ペーニャ区のBuffet Golden House(Av. Condessa Elizabeth de Robiano, 2100)で開催する。入場無料。
 心身に障害を持つ子供や、お年寄りなど、7歳から80歳の約300人が出演し、日本の童謡などを合唱する。
 案内に訪れた永山会長は、「障害や不自由にも負けずがんばっている子供やお年寄りの懸命な姿を見に来てください」と来場を呼びかけた。
 当日はペーニャ駅から会場まで無料送迎がある(駅出発は午前10時から11時半の間)。
 問い合わせは、同協会(電話=11・5572・4339)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ