fbpx
ホーム | 日系社会ニュース | 第39回全伯日系ゴルフ=PLゴルフ場で7、8日

第39回全伯日系ゴルフ=PLゴルフ場で7、8日

ニッケイ新聞 2009年10月17日付け

 ブラジル日系ゴルフ連盟(野村義人理事長)とニッケイ新聞社(高木ラウル社長)が共催する「第39回全伯日系ゴルフ選手権大会」が11月7、8両日、アルジャー市のPLゴルフクラブで開催される。
 北はパラー州から南はリオ・グランデ・ド・スール州まで、全伯各地から250人が出場する。一組4人で18ホールを回り、青年、女性、シニア、スーパーシニアなどのカテゴリに分かれ、日系ゴルフ界の栄冠を競う。
 両日とも午前7時半にプレー開始。8日午後6時半から閉会式が行われる。
 同連盟の近沢宗貴第一副理事長によれば、すでに170人以上の申込みが来ている。申込みは23日まで、アルジャー・ゴルフクラブとPLゴルフクラブで受け付けており、各州の連盟に登録している日系人とその配偶者は誰でも参加できる。
 問い合わせ、申込みはPLゴルフクラブ(11・4655・2622)またはアルジャー・ゴルフクラブ(11・4655・2627、4655・2048)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ