ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2009年11月4日付け

 サンパウロ国際映画祭が、サンパウロ市内の各映画館で5日まで開催中。北野武監督の『アキレスと亀』を楽しみに、クリニカス近くの小劇場へ。
 会場に入り、お客さんの多さにびっくり。非日系人の来場者が多く、日本映画への関心の高さをうかがわせた。
 ところが、ポ語字幕がイタリア語字幕の下に付けられていたことにがっかり。何とも見にくい画面に、粗雑な制作が目に余った。
 パラナ州クリチーバで1日まで開かれた日本文化月間では、今年も日本映画が無料で上映されたよう。記者が一昨年に同月間に足を運んで見た映画は、主人公の名前が最初から最後までずっと間違っていたのがなんとも残念に思った。
 せっかく人気の高い日本映画だが、上映では不手際が目立つ。せっかくの上映、もっと注意が払われても良い。 (裕)

image_print

こちらの記事もどうぞ