fbpx
ホーム | 日系社会ニュース | にっけい文芸賞決まる=散文賞に安良田氏=ポ語部門にオクバロ氏

にっけい文芸賞決まる=散文賞に安良田氏=ポ語部門にオクバロ氏

ニッケイ新聞 2009年11月13日付け

 ブラジル日本文化福祉協会(木多喜八郎会長)の「第39回にっけい文芸賞」(にっけい文芸委員会、浜照夫委員長)の選考結果がこのたび発表された。日本語部門は20冊以上の応募があった中から、散文賞に「日系コロニア文芸(下巻)」(安良田済)、韻文賞に合同歌集「祖国はるかに」(多田邦治刊行委員会代表)、特別賞に50年記念誌「もっこす100年の歩み」(宮村秀光刊行委員長)が選ばれた。
 日本語による文芸を奨励、その振興と普及を図る目的で設けられた同文芸賞。今年から散文、韻文賞が設けられ、浜委員長によれば、ほぼ満場一致で審査が決定した。
 『日系コロニア文芸(下巻)』は、94歳の安良田さん(山口)が40年かけて集めてきた膨大な資料を一冊にまとめあげたもの。「戦前・戦後の移民文学の歴史が事細かに書かれており、価値のあるもの」(浜委員長)として評価された。
 40年かけて集めた新聞の切り抜きなどの資料は200冊にのぼる。ニッケイ新聞の取材に対し「努力と辛抱があれば誰でもできる仕事です」と謙遜しつつ、資料集めを「死ぬまで続けて残していきたい」と笑う。
 「94歳の今まで、一つも賞など貰ったことなかった。これで、亡くなられた文学の大先輩たちと合流するときの土産話ができました」と感慨深そうに語った。
 韻文賞の合同歌集「祖国はるかに」は、134人の歌人による2500首もの歌をまとめたもの。
 「大半の歌人は準二世。幼少時代にブラジルにわたり、独学で百姓の仕事をしながら読みつづけ、楽しんでいる。汗と戦いが伝わってくる」と浜委員長は評価のポイントを話す。
 特別賞は昨年、移民100周年と県人会創立50周年を祝した熊本県人会の記念誌「もっこす100年の歩み」が選ばれた。
 なお、今年からポルトガル語部門が復活し、ジョージ・J・オクバロさんの「オ・スジト」が入賞、ルシア・ヒラツカさんの「オス・リブロス・デ・サユリ」とジュリオ・ミヤザワさんの「ヤワラ」が佳作だった。
 19日午後7時からリベルダーデの文協ビル貴賓室で授賞式が行われる。出席者は16日までに文協(11・3208・1755)まで要連絡のこと。
 選考委員は日語部門が浜委員長、林まどか、鈴木雅夫、永田翼、中田みちよ、富重久子、小野寺郁子、水野節子、広川和子、斉藤早百合、ポ語部門が大原毅、半田フランシスコ、織田順子、後藤田玲子、藤山洋児、畑中ミリアン、西銘光雄の17氏。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 岐阜県人会総会、24日2019年2月6日 岐阜県人会総会、24日  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中2019年1月11日 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中  「新ウチナー民間大使」の瀬名波美恵子さんが沖縄文化普及活動の一環として、2019年度文化カレンダー「ウチナーグアー」を製作した。全1000部。同民間大使とは、沖縄との懸け橋として海外で活躍することが期待される人を認証する県の制度。  ラジオ・テレビ・ニッケイのアナウ […]
  • ■今週末の催し2019年1月10日 ■今週末の催し  12日(土曜日)  新春初生け、午後7時、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425)、日曜は午前10時から      ◎  映画鑑賞会、昼12時半、熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]