ホーム | 日系社会ニュース | ロンドリーナ=誉文協の家族演芸会=113演目で和気藹々と

ロンドリーナ=誉文協の家族演芸会=113演目で和気藹々と

ニッケイ新聞 2009年12月4日付け

 【ロンドリーナ発】ロンドリーナ市の誉文化体育協会(塚本貞雄会長)で9月27日、恒例の「2009年度・誉家族慰安演芸会」が開かれた。ロンドリーナの芸人たちが友情出演し、館内は声援と笑いに包まれた。
 プログラムは舞踊や歌謡を中心に、寸劇やダンスも披露され、全113のステージで盛り上がりを見せた。
 現在では他市から敬老会などに出演を依頼される浪曲親友会の寸劇も人気の演目。昼食は誉婦人部が腕を奮って作り、入場者の全員に供された。
 プログラムが終わると、日系企業から提供された商品や果物などが抽選により手渡され、楽しいお祭り気分にもなっていた。
 数年前に文協会館を改装し、人気の高かった楯岡光男元文協会長も移転先のミナス州から夫人同伴で駆けつけ、舞台に立った。「この演芸会は楽しくて忘れられない。来年も来ますよ」と皆との再会を約して帰った。(中川芳則通信員)

image_print

こちらの記事もどうぞ