ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2010年4月2日付け

 2日の受難日から4日の復活祭にかけての連休に旅行する車による渋滞が始まっていると、1日15時のサイト情報。1日開通、全長61・4キロのサンパウロ州南部環状線は、サンパウロ州内陸部から海岸部へ旅する人には、サンパウロ市内の渋滞を避けて通れると期待の道路だが、西部環状線との連結部では、標識設置や車線分割の線引きが遅れている部分があるという。南部環状線にはガソリンスタンドなどの施設はないため、環状線を利用する人は、燃料補給を忘れずに。サンパウロ市周辺では天気は余り期待できない連休の様だが、遠出をする場合、留守宅の管理依頼と事故に注意。
     ◎
 自動車向けの工業製品税(IPI)減税処置終了間際の駆け込み消費の影響で、3月の乗用車と小型商用車の新車販売数は2月比59・61%、前年同月比29・27%増の33万73841台を記録。第1四半期総計は75万500台で、前年同期比16・8%増。どちらも、マンテガ蔵相や業界の期待を大きく上回るもので、これまでの記録は09年9月の30万8700台。トラックやバスも含めると35万3734台という数字は2月比60・9%増だ。バイクも入れれば、52万6875台という新記録達成で案じられるのは、大気汚染や交通渋滞。オゾンや、排気ガスなどに含まれるすすがまた増えそう…。
     ◎
 1日の保健省発表によると、本日2日までの予定だった、60歳以下の慢性疾患患者や6カ月から2歳までの子供ならびに妊婦対象の新型インフルエンザ予防接種が、23日まで延長される事になった。5日から開始される20~29歳の健康な人向けの接種も並行して行われる。接種を受けに行く時は、写真入の身分証明書と記録用の接種手帳持参を忘れずに。

image_print

こちらの記事もどうぞ