ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ州地裁は14日、州内のバーやレストランに対し、午後8時以降の酒類の販売を許可する判断を下した。この時間帯の酒類の販売は、新型コロナウイルスの感染再拡大を受けたサンパウロ州政府が11日に禁止し、12日から発効となっていた。だが、打撃を受けたブラジル・バー・レストラン協会(Abrasel)が「酒類は我々の売上の50%を占める」と抗議運動を行い、訴訟を起こしていた。今回、地裁は「州の定めるコロナ対策のガイダンスを遵守する」ことを条件にAbraselの訴えを認めた。ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は早速、控訴している。営業上の損失を嫌がる気持ちはわかるが、そこにこだわるがあまり感染が拡大して市民生活が悪化することの方が問題では? 
     ◎
 14日、ロックバンド、ロウパ・ノーヴァのヴォーカリスト、パウリーニョがコロナ感染症により、リオ市の病院で亡くなった。68歳だった。パウリーニョは9月に骨髄移植の手術を受け、快方に向かっていたが、コロナに感染して命を落とした。パウリーニョは1980年にロウパ・ノーヴァで活動を始め、親しみやすい洗練された楽曲で人気を博し、「サパト・ヴェーリョ」などのヒット曲で知られていた。近年も積極的にコンサート活動を行っていた。
     ◎
 今日16日のサッカーの注目は、全国選手権ではモルンビでのサンパウロ対アトレチコ・ミネイロの首位攻防戦。リベルタドーレス杯では、ヴィラ・ベルミロでサントス対グレミオの準々決勝第2試合(第1試合は1―1で引き分け)が行われる。どちらも、そろそろ終盤で大詰めを迎える時期なので目が離せない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 東西南北2021年1月13日 東西南北  サンパウロ市ブタンタン研究所が8日に国家衛生監督庁(ANVISA)に緊急使用許可申請をした。これで、新型コロナウイルスのワクチン「コロナバック」の接種が、サンパウロ州が予定しているように1月25日から開始されることが現実味を帯びてきている。そんな中、「誰が最初にコロナバックの […]
  • 東西南北2020年12月17日 東西南北  サンパウロ州選挙地域裁は15日、大サンパウロ市圏エンブー・ダス・アルテスの市長選で再選したネイ・サントス氏(共和者・RP)と副候補のウゴ・プラード氏(民主運動・MDB)のシャッパの当選を無効にした。これは、労働者党(PT)などをはじめとする左派政党が起こした訴えを裁判所が認め […]
  • 「新しい日常」適応に苦心の年=外務省研修生OB会の忘年会=オンラインでの存在感強める2020年12月17日 「新しい日常」適応に苦心の年=外務省研修生OB会の忘年会=オンラインでの存在感強める  日本国外務省研修生OB会(上原テリオ会長)が多難だった2020年の忘年会を4日晩、オンラインで開催した。上原ケンゾウ・パウロさんのコーディネートにより、約60人が集まった。当日は楠彰在サンパウロ首席領事、マナウス総領事館に転任になった中村玲子領事の挨拶もあり、日本滞在 […]
  • 東西南北2020年12月5日 東西南北  コロナの感染再拡大により、11月30日からはサンパウロ州内全域の規制レベルが黄レベル(5段階中の3番目)となった。クリスマスが近くなったこの時期、人混みを減らすのは簡単ではない。そんな中、サンパウロ市の地下鉄とCPTM、バスの混雑状況を教えてくれる便利なアプリができた。「Su […]