ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2010年4月2日付け

 貞方賢彦氏より天野一郎氏へ社長が交代したヤクルト商工は、「あいさつ代わり」に日系社会福祉4団体に計4万レアルを寄付。18年間、トップとして同社の顔だった貞方氏はもちろん、30年以上ブラジで勤務する天野さんも、すでに馴染みがある。「今さら、社長就任パーティを開いてお金を使うのはもったいない。ぜひコロニアの皆さんのお役に立てたかった」と笑顔の2人。
     ◎
 4日はキリストの復活を祝うパスコア(イースター)の祭日。スーペルメルカドや商店などで卵型のチョコレートが売られているのを見る。気になるのは、その量。すごい数のチョコが並んでおり、売り場上部を覆い、暗くなっていたりする。全部売れないだろうし、余ったものはどうするのだろう。返品され、溶かして、再度商品になるのだろうか。
     ◎
 国際協力機構(JICA)ブラジル事務所サンパウロ支所の千坂平通支所長が任期を終え、帰国するにあたり7日午後7時半から、文協貴賓室で送別会が行われる。文協、援協、県連、日文連の共催。参加費50レアル。申し込みは各団体事務局まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ