ホーム | 日系社会ニュース | 「ナミ・シューで朝食を」=日曜日に朝食バイキング

「ナミ・シューで朝食を」=日曜日に朝食バイキング

ニッケイ新聞 2010年4月8日付け

 こだわりの焼きたてパンとカフェで日曜日の朝をのんびり優雅に――。
 昨年7月にサンパウロ市パライゾ区にオープンした菓子店『Nami CHOUX(ナミ・シュー)』が3月から毎週日曜日にカフェ・ダ・マニャン(午前9時から午後2時)をはじめた。伯メディアでも注目を浴びている同店がますます人気を呼びそうだ。
 焼きたてパンの香りがふわりと漂う店内。品良く並ぶのは、小さなメロンパン、クロワッサン、ブリオッシュなどのパンと、ブラウニーやマドレーヌなどのお菓子、新鮮なフルーツとカフェ。バイキング形式のため、好きなものが好きなだけ、高級感あふれる店内で時間を気にすることなく楽しめる。
 どれも、二世のパティシエ(菓子職人)小松奈美カーチアさんが、研究を重ねたレシピで作られたこだわりの一品。特に、クロワッサンはバターの濃厚な風味豊かな逸品でオススメだ。
 「家族揃って朝食を楽しんで欲しい」と語る小松さん。高めの27レアルを設定したが、その分「美味しいものを提供したい。食べる前は高いと言われるけど、食べ終わってから皆さん『美味しかった』って満足していかれます」と自信をのぞかせる。
 朝食サービスは1人27レアル、毎週日曜日午前9時から午後2時。通常の営業時間は午前11時から午後9時(月曜定休)。住所=Rua Manoel da Nobrega, 521。電話=11・3051・3534。

image_print

こちらの記事もどうぞ