ホーム | 日系社会ニュース | 『エピソードで読む世界の国』=W杯特集、山川出版が刊行

『エピソードで読む世界の国』=W杯特集、山川出版が刊行

ニッケイ新聞 2014年3月27日

 『2014 エピソードで読む世界の国243』(同編集委員会編、山川出版社)がこの1月末に東京で出版され、巻頭には6月から当地開催のサッカーW杯特集が組まれている。全頁カラーで262ページ。

 冒頭のブラジル紹介では《ストライキの多さは『奴隷の呪い』?》《日本以外で一番『鳥居』が多い国》《『姿三四郎』もビックリの柔道愛好国》などユニークな逸話が披露されている。

 世界243の国や地域が、各1~2頁で分かりやすく簡潔に紹介されているのが特徴だ。興味深い雑学が多く盛り込まれ、写真や図解が多い。

 たとえば、世界最大のカブトムシの産地《グァドループ》、金沢市と同じ面積のミニ国家《アンドラ公国》など、聞いたこともない小国や地域の数々が、意外な歴史や雑学と共に紹介され、気軽に読める一冊だ。欲しい人は日系書店で注文を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ギリシャ戦(6月19日、ナタル)に引き分け肩を落とす代表選手(共同)2014年7月18日 W杯=セルジオ越後氏が辛口提言=日本敗因に文化的背景指摘=(中)=学校による選手育成の限界=求められる社会的意識改革  〃企業スポーツ〃という現状以外に、それらを取り巻く社会全体にも懸念事項があると語り、中でも「宗教の違い」を指摘する。W杯ではカトリック信仰国が好成績を収める傾向があると見ており、「カトリックの場合、日曜日は商業施設が休日となる。市民が集う場所としてスポーツクラブや公園を開 […]
  • 東西南北2017年9月5日 東西南北  2日、サンパウロ市ブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通りを走行中のバスの中で女性の恥部に触った上、逃げようとした女性を捕まえて性器を押し付け、自慰行為を行ったとして、ジエゴ・ノヴァイス容疑者(27)が逮捕された。同容疑者がバスの中で同様の犯罪を繰り返したのは少なくとも17回目 […]
  • リオ五輪の前哨戦=トロント開催の汎米競技会=国外開催では最大の選手団を送り込むブラジル2015年6月18日 リオ五輪の前哨戦=トロント開催の汎米競技会=国外開催では最大の選手団を送り込むブラジル  カナダのトロントで7月10日から26日に開催されるパン・アメリカン(汎米)競技会(北、中、南米諸国が参加する総合競技大会)に、ブラジルが07年リオ開催の前々回大会の660人に次ぐ、600人の選手団を送り込むが、女性選手の比率が47%と過去最大になったと17日付フォーリャ紙 […]
  • 安倍 晋三2015年1月9日 年頭のごあいさつ 「日系社会との関係強化を」=内閣総理大臣 安倍 晋三  ブラジルにお住まいの日系人・邦人の皆様、2015年の年頭に当たり、謹んで新年のお慶びを申し上げます。 昨年末に日本で行われた総選挙は、「アベノミクス」を前に進めるか、それとも止めてしまうのか、が大きく問わ […]
  • 大耳小耳2014年10月1日 大耳小耳  もっとブラジルを知ってもらおうと、東京のJR中央線沿いのブラジル系店舗や、ライブハウスが手を取り合い9月27、28日に音楽イベント『VAMOSブラジる!?』と題した企画を開催した。ボサノバやサンバだけでなくブラジリアンPOP、ショーロ、ノルデステなども紹介したという。サン […]