ホーム | 日系社会ニュース | ―デカセギ子弟の行く末―=チアゴさんの夢は日本に=高校中退し一家で帰伯=「一人でも戻りたい」

―デカセギ子弟の行く末―=チアゴさんの夢は日本に=高校中退し一家で帰伯=「一人でも戻りたい」

ニッケイ新聞 2010年4月10日付け

 「日本の高校を卒業したい」――。大学進学を真剣に考えていた高校3年の秋、デカセギで働く両親が失業、夢半ばにして中退したアラウジョ・チアゴ・ファリア・シルバさん(18、四世)。経済危機の犠牲者となり昨年11月に帰伯、サンパウロ州ポア市で非日系人の母、母の再婚相手、妹弟と一緒に暮し、スーパーマーケットで働く。「来年には日本に戻って勉強したい」と語るチアゴさんの夢は今も、日本にある。

 「高校の卒業アルバムに自分も載ったって、友達から連絡が入ったんです。ブラジルに帰国してから一番嬉しかった」と涙をうっすら浮かべて笑みをみせる。
 08年秋の経済危機直後に愛知県半田市で派遣従業員として働く両親の契約が打ち切られ、大好きだったという高校を中退して昨年11月に一家で帰国、3月の卒業式には参加できなかった。
 デカセギ子弟の中ではまだ珍しいとされる大学進学、さらに将来の夢まで描いていたが、一気に足場が崩れた。「正直、人生終わったと思った。悔しかった」と当時を振り返る。
 01年、10歳のときに訪日してから8年間、すべて公立校で日本人の子供に混じり学んだ。快活で積極的な性格は誰からも受け入られ、クラスでもムードメーカー的存在だった。日本語・ポルトガル語はほとんど不自由しない。
 愛知県立大府高校に通いながら、学費や携帯電話代を稼ぐために焼き鳥屋でアルバイトをしていた。「親に頼りたくない、自分は何でも自分でやりたいタイプ」。自立心が強いチアゴさんは、バイト先では信頼されて店長の代わりに店を開ける日もあり、今も仲間から「戻ってきなよ」とメールで誘われるという。
 そんなチアゴさんは、帰国直後のことを「家から出たくなかった。帰ってきたくなかったし、(日本と)全てが全然違って、友達もいなかった」と暗い表情で振り返る。
 今、「2011年夏に日本に戻りたい。そのために一生懸命働いて、日本で一人でもやっていけるよって親を安心させたい」と新たな目標を設定し、近所のスーパーマーケットで月給700レアルで一日中働いている。チアゴさんの持つ再入国ビザは3年経つと無効になってしまうためだ。
 目標ができてからは明るさを取り戻しつつある。帰伯前は耳に入るブラジルのニュースは悪いものばかりだったが、「持っていたイメージと全然違う。良い所もいっぱいありますね」と広い視野を持てるようになった。
 夢は、日本語とポルトガル語を生かして映画翻訳家になること。「映画がめっちゃ好きなんす。翻訳家って誰より先に映画が観れるでしょ?」と10代の無邪気な一面を覗かせつつ、「そのためにはせめて高校は出なきゃ。日本では仕事しながら大府高校の定時制に通おうと思う」と、親の反対を押し切ってでも〃帰国〃する決心は固い。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》「日本語勉強すれば幸せになれる」多文化論2020年12月22日 《記者コラム》「日本語勉強すれば幸せになれる」多文化論  「なぜブラジルで日本語を勉強するのか?」――19日午前、オンラインで南米全伯日本語教育会議のプレ会議が行われ、50人以上が参加して日本語教育の将来を熱心に討議した。来年2月27日実施予定の本会議の予備会合という位置づけだ。  閉会式の挨拶で、主催したブラジル日本語セ […]
  • デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も2019年9月27日 デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も  「こんなことをしてくれる会社は、他に聞いたことないね」――「グルメデリカ」(本社=埼玉県所沢市)に派遣されている日系人労働者の留守家族を集めた22回目の南米懇親会が21日夜、サンパウロ市のニッケイパラセ・ホテルで開催され、そんな感想があちこちで聞かれた。グルメデリカ社 […]
  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、サンパウロ市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • 令和時代を目前に、日系社会へのお言葉を振り返る2019年4月2日 令和時代を目前に、日系社会へのお言葉を振り返る  4月30日に今上天皇が退位され、5月1日から新天皇が即位して「令和(Reiwa)」時代が始まる。  この新元号の出典は現存する日本最古の古典「万葉集」の序文にある梅の花の歌、「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」という和歌か […]
  • 飯星下議=マリリアと泉佐野市が姉妹都市に=最後の訪日、四世ビザ緩和訴え2018年12月4日 飯星下議=マリリアと泉佐野市が姉妹都市に=最後の訪日、四世ビザ緩和訴え  年度末で任期満了を迎える飯星ワルテル連邦下院議員(PSD)は先月13~18日の間、日本への最後の公式訪問を行った。マリリア市と大阪府泉佐野市との姉妹都市協定調印式に出席したほか、麻生太郎副総理や河村建夫衆議と会談し、四世ビザの要件緩和を訴えた。そのほか、日系ブラジル人 […]