ホーム | 日系社会ニュース | トメアスー=故平賀練吉夫妻の写真を寄贈=佐々木美智子氏が提供=組合OB会から文協、農協へ=情報提供も呼びかけ

トメアスー=故平賀練吉夫妻の写真を寄贈=佐々木美智子氏が提供=組合OB会から文協、農協へ=情報提供も呼びかけ

ニッケイ新聞 2010年4月16日付け

 【パラー州ベレン発】トメアスー総合農業協同組合職員OB会代表は3月13日午前、トメアスー文協・トメアスー農協本部を訪ずれ、故平賀練吉夫妻の遺徳をしのんで、写真家佐々木美智子氏提供の遺影拡大版を贈呈した。

 故平賀練吉氏は、大阪YMCA海外協会主催のアマゾン開発青年団の副団長として団員47名と共に、1931年モンテ・アレグレ植民地に入植。タバコ・綿・麻などの栽培に従事した。南米拓植株式会社(南拓)は1935年同植民地を閉鎖したが、副団長であった平賀氏は同植民地に残った。1939年コンデ・コマ(前田光世)の要請を受け、農業技師としてトメアスー植民地に赴任した。
 爾来、アマゾン日本人移民発祥の地トメアスー植民地で、農業は勿論、精神面でも植民地の指導者として、清貧を重んじながら植民地の指導者や青少年の育成に貢献した。氏の薫陶は今もなおトメアスー移住地の指導者たちに受け継がれている。
 こうした平賀氏の活躍を後世に残そうと、新宿の伝説的なバーの元ママで根室市出身の写真家佐々木美智子さん=東京・伊豆大島在住が、約30年前、存命中のご夫妻の写真を撮影していた。昨年開かれたアマゾン日本人移民80周年祭に慶祝使節団の一員としてベレン訪問の折、件の写真をCAMTA職員OB会に提供してくれた。
 提供を受けた職員OB会は、提供された写真を拡大し、トメアスー文化協会とトメアスー産業組合にこの度寄贈した。
 職員OB会は、氏の功績を編纂・記録して後世に残したいと企画しているが、故平賀錬吉氏についての文献が少ないため、氏に関する情報提供を呼びかけている。(下小薗昭仁パラー通信員)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 異彩を放つ先駆者たちの軌跡=『日本文化』8巻、販売開始=各分野で活躍、日ポ語で紹介2018年7月7日 異彩を放つ先駆者たちの軌跡=『日本文化』8巻、販売開始=各分野で活躍、日ポ語で紹介  サンパウロ青年図書館とニッケイ新聞は今週、『日本文化8~移民史の先駆者たち~』を刊行した。多くの戦前移民はコーヒー農園に入植し栽培に従事したが、それとは全く違う人生を歩んだ6人の足跡を辿る。北米で活躍した開拓者、伝説の武道家、ジュート産業の立役者、紅茶栽培に情熱をかけ […]
  • 2009年7月16日 「アマゾンの歌」を歩く=(2)=さびれた移民の玄関口 ニッケイ新聞 2009年7月16日付け  サンパウロ州の日本移民の功績を高く評価していたパラー州のジオニジオ・ベンテス州統領は一九二三年、アマゾン地域にも日本移民を受入れる用意があることを、就任間もない田付七太・在ブラジル日本国大使に打診した。 […]
  • コラム 樹海2009年6月25日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2009年6月25日付け […]
  • ブラジル事情知る図書=③2003年7月22日 ブラジル事情知る図書=③ 7月22日(火) 【移民等】 ◎『2.ブラジル』―日本人移民 全4巻 〔他は、『1.ハワイ・北米』『3.中南米』『4.アジア・オセアニア』〕= 藤崎康夫編 […]
  • 二宮尊徳翁とアマゾン開拓=報徳の森に生かされる=神奈川県在住 松田 パウロ=(中)2017年2月1日 二宮尊徳翁とアマゾン開拓=報徳の森に生かされる=神奈川県在住 松田 パウロ=(中) 新天地へ 光あれ  足柄の山野に狩りし、足柄の地酒をこよなく愛した福沢諭吉は、箱根湯本の福住旅館に静養し、報徳の教えゆったりと全身から吸収していた。  観光の地・箱根は、訪れる人誰にも天地玄妙なるを解読していると言えよう。  先人の治山治水事業の精華として、相模湾の幸 […]