ホーム | 日系社会ニュース | 富士山への想い送って=コロニアからも募集=短歌、俳句、川柳など

富士山への想い送って=コロニアからも募集=短歌、俳句、川柳など

ニッケイ新聞 2010年4月17日付け

 本紙の協力提携紙である静岡新聞からの依頼で、ブラジルで富士山に関する短歌、俳句、川柳を募集することになった。集まった作品は、日本で5月に発行される特集号「富士山新聞」に掲載される予定。直接、静岡新聞に郵送やメール送信してもいいが、4月23日までにニッケイ新聞編集部へ届けてくれれば本紙から静岡新聞に送付する。「富士山に対する移民の想い、声をぜひ投句してほしい」と関係者は呼びかけている。
 この「富士山新聞」は、5月19日に静岡市で開催される「第58回全広連静岡大会」に合わせて発行される特集号。静岡新聞社営業局と山梨日日新聞広告局により、両県の約464万7千人に共通した情報を届けるもの。
 特集内の読者のページでは、両県民から募集した富士山をテーマにした短歌、俳句、川柳を紹介する予定。ニッケイ新聞が協力提携紙であることから、コロニアからも募集することになった。
 静岡、山梨県人に限らず幅広い移住者から、日本を代表する霊峰富士に対する想いを作品に込めて送って欲しいと主催者は呼びかけている。
 静岡新聞に直接応募する場合は広告にある住所まで。ニッケイ新聞を通して応募する場合は、編集部「富士山新聞係」宛に、住所、氏名、電話番号、職業および作品を書いて、23日までに郵送(NikkeyShimbun, Rua da Gloria, 332, Liberdade, CEP=01510-000, Sao Paulo, SP)すること。もしくは「富士山新聞係」と明記して、同様の内容を編集部FAX(11・3208・5521)、Eメール(nikkeyshimbun@gmail.com)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ