ホーム | 日系社会ニュース | JAL=サンパウロ便9月で運休=日伯の空つないだ32年=支店は撤退、窓口残す=「不便かけ申し訳ない」

JAL=サンパウロ便9月で運休=日伯の空つないだ32年=支店は撤退、窓口残す=「不便かけ申し訳ない」

ニッケイ新聞 2010年4月29日付け

 会社更生手続き中の日本航空(JAL)が28日(日本時間)、サンパウロ―成田便を含む国際15、国内30の計45路線を運休する新たな路線合理化計画を発表した。32年間日伯の空をつないだJAL便は9月末で運休、サンパウロ支店も撤退することになる。28日午後、小西弘恭・日本航空南米地区総括支店長が説明のため本紙を訪れ、「運休を決断せざるをえなかった」と無念そうな表情をうかべた。同社では早急に「窓口」を設置し、航空券販売に支障がないよう検討するという。

 JALの発表によると、サンパウロ―成田便は9月30日で運休。27日夜のサンパウロ発ニューヨーク経由便が最終便となり、それに伴いサンパウロ支店も撤退する。
 小西総括支局長は「ご利用頂いているみなさまには、ご不便をかけて申し訳ないと思っています。早急に窓口を決定し、誠意を持ってお客様への対応をしていきます」とのべた。支店が撤退した後の航空券販売は、現在検討中の「窓口」で今後も行われる。
 同時に、今まで貯めたマイレージがなくなることはないと断言。今後に関しては、北米や欧州経由の乗り継ぎになるので、マイレージに関して各航空会社と交渉していくという。
 同社の経営再建策の一環としてサンパウロ線撤退が取りざたされ始めたのが昨年9月。今年1月19日に会社更生法を申請、その適用下にある。国民や政府や債権者の納得するような再建計画を検討している最中だ。
 今年2月にこれまでの週3便が2便へ減便されながらも、直行便の運行は続いていた。人員削減などと同時に、採算面から事業リスクが高いと思われる項目の洗い出しが行われ、計45路線の運休が決定された。

■記者の眼■予想される混乱も=期待したい運行再開

 JALのサンパウロ路線運休のニュースを聞いた、さる日系旅行社のベテラン社員は「これで日の丸つけた直行便がなくなるのは本当寂しいね」と肩を落とした。
 32年間、途切れることなく日伯の空をつないだ便が9月末でなくなる。日伯間の空の旅に変化をもたらしそうだ。
 直行便なら2時間半程度だった乗り継ぎ時間は、今後は北米や欧州において5~6時間に倍増すると見られる。もちろん機内で日本語が使える機会は激減する。
 混乱を呼びそうなのが、10月以降すでに企画されている訪日・訪伯旅行への対処だ。
 サンパウロ市の大手日系旅行社によれば、JAL便を前提に企画された訪日ツアーの中にはすでに費用を集めているところもあるようだ。「(別な便に変えることで)運賃も変わってくるなど、影響は出てくると思う。こちらとしては説明するしかない」と関係者は話す。
 JALが今後どの航空会社と提携するかによっても状況が変わってくるため、しばらくは不安定な状況が続きそうだ。
 デカセギブームが終わって客足が激減したあと、大韓航空はまっさきにソウル・サンパウロ路線を運休したが、08年から運行再開している。しかも週3便だ。中国国際航空公司は09年12月から週2回、北京・サンパウロ路線を再開している。もちろん、ドバイ経由のエミレーツ航空の参入もある。
 どうして、日本の航空会社だけが時流に逆行する事態になっているのか。国際競争力の問題なのか、それとも・・・。まるで、元気がない今の日本をそのまま象徴しているかのような出来事だ。
 「日の丸の復活」という意味を込めて、4年後のW杯ブラジル大会までに、ぜひとも運行再開を期待したい。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「W杯も目前に控えたところで帰国しなければならないのは残念だが、ブラジルを思いながら名古屋でも仕事をしたい」と植田領事2014年3月14日 短期とデカセギ査証が逆転=在聖日本国総領事館 植田領事に聞く=三年問題、四世ビザについて=現行法の枠組みの限界か ニッケイ新聞 2014年3月14日 在サンパウロ日本国総領事館の査証班に2年間在職していた植田敏博領事(49、大阪)が、4月8日に任期を終えて帰国するにあたり、金融危機後に帰国支援を受け帰伯し、再訪日を希望する人たちの〃三年問題〃、「四世ビザ問題」やデカセギ目的訪日者の減少 […]
  • 大耳小耳2014年1月14日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年1月14日  サンパウロ市杯で、外国勢初の決勝トーナメント進出を決めた柏レイソルの若手チーム。コーチらがチームの様子を報告する「アカデミースタッフブログ」によれば、選手たちは11日にグループリーグで戦ったサンパウロFCと練習試合(45分1本)を行い、2 […]
  • 「日本とブラジルを繋ぐような仕事をしたい」と語る松崎ビアンカ亜由美さん2014年1月9日 日本で育つ日系国際人材=岐阜のブラジル人学校HIRO学園=(下)=「W杯の仕事も来ている」=デカセギ子弟のエリート世代 ニッケイ新聞 2014年1月9日 サンパウロ大学観光学科に通う松崎ビアンカ亜由美さんは、サンパウロ州サンジョゼ・ド・リオ・プレット生まれ、父は二世、母は非日系人だ。3歳の時、デカセギに行った両親と訪日し、17歳までをずっと大垣市で過ごした。 訪日後、最初の1年は地元の保育園 […]
  • 大耳小耳2014年1月7日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年1月7日  サンパウロ対柏レイソルの試合で、スタジアムに駆け付けたサンパウリーノの中には日系人の姿もチラホラと。ピッチ脇を移動していると「日本人ですかぁー?」と、ゴール裏の観客席から二世の女性に声を掛けられた。話によると日本へデカセギ経験があり、15年 […]
  • 援協・菊地会長(右)の乾杯で新年を祝う一同2014年1月3日 「力合わせてW杯代表応援を」=新年祝賀会で5団体が誓う=日伯交流の契機となる年に ニッケイ新聞 2014年1月3日 新年祝賀会がサンパウロ市の文協ビルで1日午前に行われ、200人以上が集まってお正月を祝った。ブラジル日本文化福祉協会、援協、県連、商議所、日伯文化連盟などの共催5団体代表のほか、JICAブラジル事務所、国際交流基金サンパウロ日本文化センター […]