ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2010年5月1日付け

 あの「起訴相当」の議決が出た27日の夜。小沢氏は「(幹事長)続投」を宣言し、側近らと馴染みの居酒屋で杯を傾けたそうだ。その頃、前原誠司・国交相は仙谷、枝野両閣僚など約50人の国会議員とホテルで48歳の誕生を祝い、気炎を上げたの報道も―。前原、仙谷氏らは、反小沢派の旗頭だし種々の流言もあり、永田町がちょっぴり騒ぎもした▼まあ、政界は「昨日の敵は今日の友」だし、刎頚の友とは語るが、布巾で直ぐにも消せる。それにしても、小沢氏の人気はどうも低く、右肩上がりの力はない。若いときからめきめきと売り出し、故・宮沢喜一氏を面接し首相にするという豪腕を見せ政界を驚かせたし、師匠の故・金丸信氏のDNA(遺伝子)を継いだのかカネ集めも真に上手い▼昨年の暮。中国訪問の時は民主党議員143人と支援者ら600人を引き連れての大名旅行だった。議員らは胡・国家主席とツーショット写真を撮ろうと長蛇の列。これには仰天だし、さすがの主席もお疲れさまでしたね―と、お見舞いを申し上げたい。それに―正月には、議員ら160人かを豪邸に招き笑顔で元気に乾杯も▼それに「政治とカネ」にも疑惑が多い。政治資金管理団体「陸山会」の動きもさながら不動産屋の如しで元秘書2人が起訴された。が、証拠不十分で小沢氏は不起訴。ところが、検察審議会が「起訴相当」の意見を出したから事は複雑になってきた。審議会は小沢氏の言動を「市民目線で許せない」と極め付け厳しい。世論調査でも、8割超が「幹事長辞任」を求めてもいる。それでも「続投」宣言ですか。小沢一郎さん。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙への寄付者芳名2020年9月26日 本紙への寄付者芳名  ブラジル相撲連盟の赤木政敏(あかぎまさとし)相談役、エンポリオ古賀(ニッケイ新聞代理店)、大矢進貞さん(ゆきさだ)、おもいで酒場パブラオケ、林ヨシノブ・パウロさん、平延渉さん(ひらのぶわたる)、匿名希望の篤志家の皆さまより寄付をいただき、ありがとうございました。 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]