ホーム | コラム | 樹海 | 危険と隣りあわせ

危険と隣りあわせ

 ブラジルに10年以上住んでいて危険な目に遭ったことがない。本紙への研修生は洗礼のように来伯早々、強盗に遭う。何度も襲われるパターンもある。危ない雰囲気を感じたことは幾度かあるのだが、なんとなくかわして難を逃れている▼知人とそんな話をしていて、「でも危ない目によく遭いかけているよね」と言われて、そういえば―と思い当たった。最近だけで、ヒヤリとしたことが3回あった。一度はサントスからバスに乗って帰ったのだが、数日後、同じ路線でバス強盗があった。年の瀬だったのだが、渋滞で止まったバスが襲われたようだ。まあ、これは「ほう」と思う程度だった▼二度目はある晩、旅行から帰りベランダでホッとしていると、近くでパトカーが数台集まり、物々しい雰囲気。何かあったのかな、と思いつつ疲れもあり早々に床に就いたのだが、次の日にアパートの管理人に聞くと、日本食レストランで強盗があり、逃走した犯人と銃撃戦があったとのこと。これには「え~」となった。そのレストランにも何度か行ったし、銃撃戦で強盗が一人死んだ現場は、毎日歩いている▼つい先日リオに行ったさい、渋滞に辟易した。日本から来たソグラと一緒だったので避けたかったのだが、時間の節約―と地下鉄を何度か利用した。セントロ観光後に乗った、まさにその駅で翌日白昼、3人組の強盗に銃で撃たれて一人の犠牲者が出る事件があったこれには「…」▼たまたまとはいえるのだが、こういうことが続くとなかなかに恐い。危険が迫ってくる感じだ。気をつけようという気になることで、大丈夫だと言い聞かせている。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 【記者コラム】意図せず「結果的な集団免疫」に向かいそうなブラジル コロナ禍時代の「新しい日常」を見つけよう2020年5月19日 【記者コラム】意図せず「結果的な集団免疫」に向かいそうなブラジル コロナ禍時代の「新しい日常」を見つけよう 「対策ナシならコロナ死者は100万人」  無名だった彼が3月30日に出演したTVクルツーラの討論番組ロダ・ヴィヴァのユーチューブ映像は、24時間で100万人が視聴した。いかにブラジル人一般がコロナを恐れているかが如実に伺われる。  最近のテレビを見ていてもニュー […]
  • 人数が減って、過激化するボウソナロ支持者2020年5月15日 人数が減って、過激化するボウソナロ支持者  反隔離を叫べど、加速化して増えるコロナウイルスの死者の前に支持が増えず、かつ、セルジオ・モロ前法相辞任の発端となった閣議ビデオ中の大統領発言が問題視されたことで、ボウソナロ大統領の立場はますます危うくなっている。  とりわけモロ氏の政権離脱はボウソナロ氏にとっては痛 […]
  • 公人としての良心と責任感2020年5月14日 公人としての良心と責任感  12日夜、ボウソナロ大統領がコロナウイルスの感染検査の結果を最高裁に提出した。訪米団員など、20人以上が感染しても陰性と言い続け、メディアから公開を求められていたものだ。  裁判所からの提出命令に対し、「見せない権利がある」と嘯いて拒否し続けたため、最高裁に訴えられ […]
  • 樹海拡大版=コロナ対策で1兆600億レアルを市場注入、インフレ再燃懸念も?2020年5月12日 樹海拡大版=コロナ対策で1兆600億レアルを市場注入、インフレ再燃懸念も? 造幣局が紙幣40%増産  先週読んだ記事の中で、一番ドキリとしたのはロイター通信8日付電子版「独占取材/ブラジル中央銀行は緊急支援支払いのために、紙幣の臨時増刷を発注」(https://br.reuters.com/article/topNews/idBRKBN2 […]