ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2010年5月4日付け

 2日午後、文協貴賓室でコロニア主催の麻生太郎前首相歓迎会が行われた。歓迎会の後に麻生前首相が真っ先に向かったのは、文協ビルサロンで行われていたエスペランサ婦人会の慈善バザー。大部栄子総領事夫人に案内されながら会場を歩いて回る麻生前首相の姿に来場者もびっくり、握手をせがまれ大人気だった。文協の中島エドゥアルド事務局長も「有名な方で、あんな風に文協のイベントを見て回られた方は初めて」と驚いた様子。前首相との面会に喜ぶ来場者を横目に、「会えなかった」と嘆くのは、同婦人会の皆さん。開催時間ずっと忙しく動き回っていたよう。
     ◎
 NHK、日本経済新聞などの報道によれば、トヨタ自動車がブラジルで製造した乗用車「カローラ」について、フロアマットを適切に取り付けていないとアクセルペダルの動きを妨げる可能性があるとして、3日から全伯の販売店で取り付け状況を検査すると発表した。対象は2008年4月以降に生産したもの。ミナス州では先月、運転中に加速が止まらなくなるケースが起きたと当局が発表している。伯トヨタは伯国内で製造されたカローラに欠陥はないとしながらも、適切に取り付けられていない場合、純正品でない場合などは踏み込んだアクセルペダルの戻る動きを妨げる可能性があるとして検査するという。同社は今回の措置について、予防的なものとしている。

image_print

こちらの記事もどうぞ