ホーム | 日系社会ニュース | 文協=創立55周年記念事業=『文化フォーラム』初開催

文協=創立55周年記念事業=『文化フォーラム』初開催

ニッケイ新聞 2010年5月18日付け

 ブラジル日本文化福祉協会・会員拡充委員会(上辻照子委員長)は22日午前8時半~午後一時半まで、文協小講堂で「第1回文化フォーラム」を開く。
 文協創立55周年記念事業で、サンタンデール銀行が支援、ワールドペーパー、フライング・スシ、飯星ワルテル連邦下議の協賛。収益金はやすらぎホームなど福祉団体に寄付される。
 様々な方面で活躍する7人の日系人が講演する興味深いものとなっている。ポ語のみ。
 講演者とテーマはそれぞれ次の通り。
◎『ブラジルの日本人、日本のブラジル人の価値』(上辻さゆり・映画会社FOXブラジル社長)
◎『日常生活にみる金属技術』(高野シロウ・USP工学部元教授)
◎『サンパウロ市における日系文化イベントの保存と普及』(栗田クラウジオ・サンパウロ市観光局勤務)
◎『現代建築における日本デザインの影響』(ラフィック・フラー・サンパウロ・クリエーション)
◎『7年間のサンパウロ州政府勤務を振り返って』(古川長・元サンパウロ州刑務所統括管理局長官)
◎『民間企業とコロニアのパートナーシップ』(中川マルシア・サンタンデール銀行ジャパンデスク)
◎『5つのS―整理、整頓、清掃、清潔、躾』(高橋ロドルフォ・カフェイグアスー元副社長)。
 上辻委員長、吉田アナ、上辻エリーザ、竹田アンナ、谷幸子委員が案内のため6日に来社、「日系人がどのようにブラジル社会に貢献しているかを広く知ってもらう機会にしたい」と参加を呼びかけた。
 参加費は20レアル、文協会員は15レアル。
 詳細は文協(11・3208・1755/担当・斉藤パウラ)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も2019年9月27日 デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も  「こんなことをしてくれる会社は、他に聞いたことないね」――「グルメデリカ」(本社=埼玉県所沢市)に派遣されている日系人労働者の留守家族を集めた22回目の南米懇親会が21日夜、サンパウロ市のニッケイパラセ・ホテルで開催され、そんな感想があちこちで聞かれた。グルメデリカ社 […]
  • ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選2016年10月27日 ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎信濃村のポルトガル人煙草干す鳩車に似て葦舟や湖は春アリアンサの鳳梨も供え念腹忌睦みつつ濁流越えて行きし蝶富士の絵の額の後に守宮棲む […]
  • ニッケイ俳壇(908)=星野瞳 選2016年9月30日 ニッケイ俳壇(908)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎 冬耕や錆びてキコキコ云ふ耕車 背広着し案山子の哀れ見て通る 故国訪い逢えざりし友の賀状来る 河へだて牛啼き交わす夕立晴 色褪せし旱の蝶のとぶばかり […]
  • ニッケイ俳壇 (861)=富重久子 選2015年10月23日 ニッケイ俳壇 (861)=富重久子 選 プ・プルデンテ  小松 八景 南洲に煙突多し日脚伸ぶ 【「南洲に煙突多し」とは、ブラジルでは南にいくほど寒く防寒のため、ストーブを焚いたりペチカを焚いたりするので各家ごとに幾つかの煙突がある。北朝鮮では昔オンドルと言って、床の下に泥で火の通り道をつけどんどん焚口から薪を […]
  • ニッケイ俳壇 (857)=富重久子 選2015年9月24日 ニッケイ俳壇 (857)=富重久子 選 ボツポランガ  青木 駿浪 念願の和牛を試育草青む 【「和牛」は、日本の在来種と輸入種とを使って改良した牛のことで、昔は労役に使っていたが、現在は食肉用として飼育しているとある。  そんな和牛を、自分の農地で試育してみたいという念願があったのであろう。季語の「草青む」が良 […]