ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2010年5月18日付け

 あめ玉製造機の話を聞いていて、トメアスー農協(CAMTA)で生産されているクプアス、アサイー、タペレバ、グラビオーラなどの加工品を思い浮かべた。十数種類の特産の熱帯ジャムや果汁をいれたアマゾン特製トロピカル・キャンディーを作ったら、ブラジル国内はおろか日本でも売れるかも。もしくは農協婦人部が農場でとれた新鮮な牛乳を使って手作り風生キャラメルもよさそうだ。新しい開発につなげてみては!?
     ◎
 ラーモス移住地の山本和憲会長の自宅には自慢の五右衛門風呂がある。新来記者の耳子も宿泊させてもらい、生まれて初めて体験した。渡伯してわずか1カ月だが、シャワーばかりで風呂に飢えていたので、久しぶりにつかり疲れを癒した。国内で最も寒いといわれるサンジョアキンにほど近いだけに、ラモースではこの時期、昼間でも息が白くなる。そんな時の五右衛門風呂は、やはり日本人ならではの贅沢か。

image_print

こちらの記事もどうぞ