ホーム | 日系社会ニュース | ピエダーデ=マレットゴルフ2大会共催=2百人が練習の成果競う

ピエダーデ=マレットゴルフ2大会共催=2百人が練習の成果競う

ニッケイ新聞 2010年5月19日付け

 「第21回ピエダーデ・マレットゴルフ大会」「第3回フェデラソン・パウリスタマレットゴルフ大会」が、5月2日ピエダーデ文協マレットゴルフ場で共催された。
 当日は、天候にも恵まれて、過去最高の200人を超す参加者が集まった。
 開会式でピエダーデマレットゴルフ部の有沢光康部長は歓迎の意を表し、弘末武同文協会長、西村今朝男技術部長の挨拶の後、午前10時30分各クラスが一斉にスタートした。
 30ほどのホールを昼食までに打ち終わり、昼食後には、抽選会も行われ会場は賑わっていた。
 午後3時には全ホールを回り、成績発表、表彰式に移り、各クラスの入賞者は晴れやかな顔でメダル、賞品を受け取っていた。
 各クラスの優勝者は以下のとおり。
 A組=カワノ・キヨコ、B組=ミズグチ・ヨーコ、C組=ヤマノ・マサカツ、エストラ=ナカノ・マリオ、ニアピン賞=男子=タケシタ・ヤスヨシ、女子=ムカイヤマ・アメリア、ロングドライブ賞=男子=アダチ・ジルベルト、女子=アダチ・ネイデ、ホールインワン賞=カワカミ・テツシ、第3回フェデラソン大会優勝者=ナカノ・マリオ

image_print

こちらの記事もどうぞ