ホーム | 日系社会ニュース | 子供たちに原爆の恐ろしさを=8月灯ろう流しに1千人参加=レジストロで被爆写真展も=聖州教育局が平和プログラム

子供たちに原爆の恐ろしさを=8月灯ろう流しに1千人参加=レジストロで被爆写真展も=聖州教育局が平和プログラム

ニッケイ新聞 2010年5月21日付け

 「子供たちに原爆の恐ろしさ伝えたい」―。サンパウロ州教育局はこのほど、年間教育プログラム『平和の灯ろう流し』(Tooronagashi da Paz)を州内にある公立小中高5600校(生徒600万人)対象に実施することを決めた。教材として活用する映像の作成も始まっており、レジストロ市で8月7日に開催される被爆者追悼の「平和灯ろう流し」への参加も呼びかける。聖南西文化体育連盟の山村敏明会長とインスティツート・イカロの小川彰夫代表と共に20日に来社した同教育局の日野寛幸コーディネ―ターは、「100周年も終わった。コロニアがブラジル社会に対して貢献していくきっかけにしたい」と張り切っている。

 レジストロ市で昨年8月初めて行われた「平和灯ろう流し」を教育の機会に―と主催団体を代表し、山村会長と小川代表が昨年末、日野氏に相談したことから実現した。
 「唯一の被爆国の血を引く我々がブラジルに平和を伝えるべきでは」と山村氏は話す。
 07、08年に実施された日本文化教育プログラム「VIVA・JAPAO」を運営・指導した日野氏が早速、教育局の会議に諮り、予算を取り付けた。
 「主旨は多くの賛同を得たが、教える側の教師に知識がない問題もあるため、教材に使う映像を現在作成中」と話す。
 続けて「原爆の被害を伝えるだけでなく、投下までの経緯や原子力、お盆など、総合的な知識を教えるプログラムにしたい」と説明する。
 富山県が実施し、アメリカ、中国、韓国、ロシアが参加する「図画コンクール」には今年、平和をテーマとした作品を送ることも決まっている。
 同プログラムの募集は今月から開始。VIVA・JAPAOの参加校の数が過去最高だったことから、教育局関係者は大きな期待を寄せているようだ。
 山村会長によれば、参加が決まっているレジストロ市の学校では、毎年長崎平和祈念式典で歌われる『千羽鶴』や『原爆許すまじ』のコーラスの練習がすでに始まっており、「平和灯ろう流し」当日に披露される。
 開催にあわせ約1カ月間、レジストロ移民資料館で開かれる原爆写真展で被爆の実状も伝える。
 小川代表は「レジストロ側で、子供たちを受け入れる態勢作りがこれからの課題。企業や団体からの支援をお願いしたい」と話している。
 「平和灯ろう流し」は、聖南西文化体育連盟、リベイラ沿岸日系団体連合会、広島文化センター、長崎県人会、ブラジル被爆者平和協会、レジストロ日伯文化協会、インスティツート・イカロの共催で、サンパウロ州教育局の後援。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 靖国神社=献詠歌・献詠句を募集=「ブラジルからも応募を」2010年12月21日 靖国神社=献詠歌・献詠句を募集=「ブラジルからも応募を」 ニッケイ新聞 2010年12月21日付け […]
  • ■今週末の催し2010年12月2日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2010年12月2日付け 土曜日 4日  第11回夏の蘭展、3~5日、午前9時、文協ビル駐車場(R. Galvao Bueno, 540)      □ […]
  • ■今週末の催し2010年12月9日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2010年12月9日付け 土曜日 11日  第42回東洋祭り、午後2時、リベルダーデ広場、2時40分ごろ鳥居前で開会。12日まで      □ […]
  • 剣道の歴史を一冊に=著者小林さん「正しく文化を知ってほしい」=出版記念会を29日に2010年11月26日 剣道の歴史を一冊に=著者小林さん「正しく文化を知ってほしい」=出版記念会を29日に ニッケイ新聞 2010年11月26日付け  「剣道の歴史に焦点を当てたものとしてはポ語初だと思う」。  背筋を伸ばし、自著への思いを流暢な日本語で語るのは、小林ルイスさん(31、三世)。  このたび、『PERGRINOS DO SOL - A […]
  • 岡山県人会=忘年会を5日に2010年11月26日 岡山県人会=忘年会を5日に ニッケイ新聞 2010年11月26日付け  岡山県人会(根岸健三会長)は毎年恒例の忘年会を12月5日正午から、同会館(Rua da Gloria, 734)で開く。  一品持ち寄りで飲み物は県人会が負担。ビンゴが催される。 […]