ホーム | 日系社会ニュース | JICA日本語教師研修=ペルー、ブラジルから4人=「地元で教壇に立ちたい」

JICA日本語教師研修=ペルー、ブラジルから4人=「地元で教壇に立ちたい」

ニッケイ新聞 2010年5月26日付け

 ブラジル日本語センター(谷広海理事長)が「JICA日本語教師研修基礎ISPコース」を開催中だ。
 同コースは3ヵ月の通信講座を受けた研修生がサンパウロ市に集まり、1カ月間、日本語教師の知識・技術を学ぶもの。プログラムには模擬事業や学校見学が含まれている。
 同センターで18日にあった開会式では、芳賀克彦・JICAブラジル所長、内山直明・国際交流基金サンパウロ日本文化センター所長、谷理事長、講師代表の松本留美子さんが挨拶、研修生に日本文化の特性、普及の意義などを語り、研修生にエールを送った。
 今年の研修生は、ペルーの大城アンジー、金城リカルドさん、ベレンの杉本明美、カンポグランジの山下小百合さんの4人。
 唯一の男性の金城さん(24)は日系ペルー人の4世。保育園から小学6年生まで日本で暮らし、2年前から地元の日本語塾で講師となったが、「話せるのと教えるのとは全然違う」と思い研修に参加した。研修後は地元の日本語塾で教壇に立ちたいという。
 式後に始まった授業では、研修生が自己紹介を兼ねたゲームを行った。和やかな雰囲気ながらも、真剣な眼差しで取り組んでいた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第62回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄冠=110周年記念して将棋にも=サンパウロ市議会で4日に授賞式2018年4月5日 第62回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄冠=110周年記念して将棋にも=サンパウロ市議会で4日に授賞式  伝統あるニッケイ新聞主催の『第62回パウリスタ・スポーツ賞』授賞式が来月4日夜、サンパウロ市議会の貴賓室で行われ、25人に栄えある記念プレートが授与される。戦後の日系スポーツ振興を目的に創設され、今年で62回目を迎えた。今回は日本移民110周年を記念して特別賞に将棋部門を設け […]
  • 野口英世の足跡を追う=1923年にブラジルで黄熱病研究=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2017年1月27日 野口英世の足跡を追う=1923年にブラジルで黄熱病研究=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子  2017年、年明け早々、ニッケイ新聞1月14日、続いて17日号において、現在ミナス・ジェライス州で拡大している黄熱病の報道が掲載された。  その後、連日この話題が続いている。同紙には「黄熱病は7年ぐらいの周期で繰り返され、最後の流行が2008―2009年であった」と […]
  • ニッケイ俳壇(869)=富重久子 選2015年12月19日 ニッケイ俳壇(869)=富重久子 選 サンパウロ  鈴木文子 大西日こもる熱気の窓を開け 【夏の西日は日中よりも我慢出来ない位の厳しさである。そんな西日から守るために日本では簾を下ろしたり、日除けを廻らせたり又、客を待って打ち水をしたりする。  この句は大西日を受けて、熱気の篭った部屋の窓を、ようやく日の落ち […]
  • 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から2015年7月29日 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から  日本語に関するシンポとしては過去最大規模という『EJHIB2015(継承語、アイデンティティ、バイリンガルの日本語教育に関する国際シンポジウム)』が8月10~13日まで、サンパウロ大学(USP)で開催される。 USPや関係学会により実行委員会が組織され開催に至った。案内に […]
  • 『セラード』はおもに幹の曲がったまばらな灌木とイネ科植物を主とする低木をまじえた草原。(1991年8月出版 農業総合雑誌アグロナッセンテ57号より)2015年5月23日 ニッケイ俳壇(839)=富重久子 選    サンパウロ         串間いつえ 身に入むや故人となりし事知らず【「身に入む」は、秋も深まって寒さが身に入むと言うことと、また身内に深く感じ主観のこもった意味あいもある「深秋の季題」である。 最近俳誌の中に名前のない人がいて、それとなく病気であることを聞いては […]