ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2010年5月26日付け

 戦後、強い意志で日本文化を残そうと時代と格 闘してきた人たちが老年を迎え、それを受け継いだ二世、三世、あるいはブラジル人から感謝のセレモニーが行われる時代となった▼松柏学園・大志万学院で生涯を日本語教育に捧げてきた川村真倫子さん(81、二世)を顕彰して、教え子や父兄が主催する記念パーティ(実録映像上映、自伝の刊行)が6月11日に聖市アニェンビー国際会議場の中講堂で行われる。その生涯は〃日本語教育の鬼〃とでも表現すべきものであり、戦前の大正小学校の流れを汲む伝統的教養を教えることで定評がある▼先週土曜には伯国柔道代表チームの元監督、岡野修平さん(72)が伯柔道連盟から九段の免状を受け取った。聖州柔道連盟のフランシスコ・デ・カルバーリョ会長は「岡野先生が伝授したのは技術だけでなく、勤勉さ、負けたときの心構えなどの哲学だ。選手生命は数年に過ぎないが、この哲学は一生を豊かにする」と高く評価した▼二人に共通するのは、ただ単に技術を伝えるだけでなく、日本文化や教養、哲学に根ざした広範な教えを垂れたことだ。どちらも「日本では失われた伝統がここには残っている」といわれるほどの教えを残し、感謝されている▼思えば戦後、勝ち負け紛争の辛い時代には日本語不要論、完全同化主義すら唱えられた。それから60年以上たって分かることは、伝統を残したものほど結果的に伯国社会から賞賛される現象だ。「我々のジャポネースの方が、米国の影響が強い日本の日本人よりはるかに伝統的だ」と伯人の同連盟会長が自慢げにいう姿を見ながら、深い感慨を覚えた。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2017年4月18日 《ブラジル》継承日本語の生き残り策とは  サンパウロ州の聖南西地区の日本語教育は全伯で一番勢いがあると思っていたので、8日の「日本語学校運営改革を進める会」を取材してショックを受けた。あの聖南西ですら26年間で生徒が17%まで激減したのであれば、他の地区はさぞや厳しいだろう―と背筋が寒くなった▼ただし、疑問もわい […]
  • なぜブラジル選手の多くは軍隊式敬礼をするのか2016年8月26日 なぜブラジル選手の多くは軍隊式敬礼をするのか  「もしボクシングがなければ、俺は生きていなかった。サルバドールには死と暴力が溢れている。俺はかつて暴力的だったし、ケンカっぱやかった。ボクシングがなければ、俺の人生はまったく違っていた。たくさんの人は『ボクシングは暴力的だ』というけど、それは違う。ボクシングを知る前、俺は本当 […]
  • なにげない移民家庭こそが「日本人の臨界」2016年9月13日 なにげない移民家庭こそが「日本人の臨界」  「言葉」というのは不思議なもので、本人がしっかり理解していないと相手に伝わらない。以前、分かりやすい解説で有名なジャーナリスト池上彰が、こんなことを言っているのを聞いてガッテンした▼「後輩がニュース原稿を読んだのを聞いて、一カ所だけ意味がとれないところがあった。後から『あ […]
  • 「国の春ファベラ育ちの金メダル」2016年8月19日 「国の春ファベラ育ちの金メダル」  《国の春ファベラ育ちの金メダル》―14日に聖市文協が主催した「全伯俳句大会」では、当日出される席題として「リオ五輪」と「春季一切」が出され、冒頭の様な句を詠んだ鈴木文子さんが1位になった。麻薬密売人がうようよするシダーデ・デ・デウス出身の乱暴者が、柔道との出会いによって「伯国 […]
  • 負けた時ほど慰めと励ましを2016年8月25日 負けた時ほど慰めと励ましを  リオ五輪での伯国は、12種目で金7、銀6、銅6という過去最高の結果を残した。だが、伯国五輪委員会は、バレーは頑張ったが、柔道や水泳は期待外れと評価した。五輪委員会は27~8個のメダルを望んでいたから、19個では不満だ▼棒高跳びのチアーゴ・ブラスが金を獲った翌日、あっけなく予選 […]