ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年1月10日付け

 ある企業家が「いやあようやくね…」と清清しいで表情で話し出した。日本から来た人が1千万円を福祉団体に。それを見たのをきっかけに自身も「何か社会のために」と毎年続けてきた寄付が今年20年目を迎えるのだという。経営的に厳しいときもあったろうが、踏ん張ってきた自負がにじみ出ていた▼金額の多寡を問わず、寄付を行なっている人は多い。ご主人を亡くしたばかりの未亡人に「長年のご協力ありがとうございました」との電話が福祉団体から。聞けば数十年間、毎月50レを寄付してきたのだという。全く知らなかったと驚いたが「主人の遺志を継いで同額の寄付を続けることにしました」▼なくなってきたと言われる相互扶助の精神だが、福祉団体はそれなくしては成り立たない。本紙12月15日付け6面、匿名の投稿「日系福祉団体のありかたを問う」は、各団体の寄付を受けるさいの対応に苦言を呈している。マニュアルなどなく、受付の人次第。要は、有益に使ってもらえればいいのだが、そこは人間。「同じ寄付するなら気持ちよく」と愚痴りたくなるのも分かる。投稿は「感謝の気持ちを忘れず、原点に」と締めくくる▼「こどものその」の谷口ジョゼー理事長ら幹部が9日に本紙編集部を訪れ、対応のまずさを素直に認め、改善を約束した。文書に認めたものは、11日付け本紙6面に全文掲載する。投稿で指摘があったのは4団体。寄稿者が怒りの余り、一度出した小切手を引き下げた団体の幹部は読んだだろうか。二、三世で、日本語が読めないのかもしれない。身近な一世の方がそっと伝えるのも気持ちの寄付では。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《ブラジル》記者コラム これからが危ない感染ピーク でも年末にはコロナフリー?!2020年6月9日 《ブラジル》記者コラム これからが危ない感染ピーク でも年末にはコロナフリー?!  高齢者がブラジル生活を送るにおいて、これから2、3カ月が一番危険な時期ではないか―という気がする。  今までは序の口で、これから「コロナ死者激増」と「大不況」というダブルパンチに見舞われる。今後起こりうるシナリオを列挙すると、以下のようになる。 ▼「4月、5月のコ […]
  • 米国ブラジル極右政権 コロナで仲良く1、2フィニッシュか2020年6月5日 米国ブラジル極右政権 コロナで仲良く1、2フィニッシュか  新型コロナウイルスに関して今月中に、ブラジルの感染者、死者数が共に全世界で2位になることはほぼ間違いないと思われる。感染者に関してはすでに5月の時点で2位に躍り出ているが、死者の数でも現在は世界第4位。3位のイタリアとの差も3日夜の時点で1033人差。  ここ数日で […]
  • 身近な人を失う怖さと悲しみ2020年6月4日 身近な人を失う怖さと悲しみ  1月下旬の手術予定日の直前、息子が急に「僕を置き去りにしないよね」と聞いてきた。「する訳ないでしょ」と笑い飛ばしたが、その態度から「何か起きたら」と案じているのが分かった。その時は病院側の連絡ミスで手術は延期された。  2度目の予定日はコロナ感染が騒がれだした3月で […]
  • 《記者コラム》樹海=ボウソナロ、実は「無策という政策」?2020年6月2日 《記者コラム》樹海=ボウソナロ、実は「無策という政策」? 「コロナで高齢者を減らして年金負担を軽く」?  米ニューズウィーク誌は5月28日付ヤフーニュースで《ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?》との衝撃的なニュースを報じた。  《ブラジルが無策に転じたのは、コロナ対策会議で「高齢者が最もリスクが高い」と報告した […]