ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年1月10日付け

 ある企業家が「いやあようやくね…」と清清しいで表情で話し出した。日本から来た人が1千万円を福祉団体に。それを見たのをきっかけに自身も「何か社会のために」と毎年続けてきた寄付が今年20年目を迎えるのだという。経営的に厳しいときもあったろうが、踏ん張ってきた自負がにじみ出ていた▼金額の多寡を問わず、寄付を行なっている人は多い。ご主人を亡くしたばかりの未亡人に「長年のご協力ありがとうございました」との電話が福祉団体から。聞けば数十年間、毎月50レを寄付してきたのだという。全く知らなかったと驚いたが「主人の遺志を継いで同額の寄付を続けることにしました」▼なくなってきたと言われる相互扶助の精神だが、福祉団体はそれなくしては成り立たない。本紙12月15日付け6面、匿名の投稿「日系福祉団体のありかたを問う」は、各団体の寄付を受けるさいの対応に苦言を呈している。マニュアルなどなく、受付の人次第。要は、有益に使ってもらえればいいのだが、そこは人間。「同じ寄付するなら気持ちよく」と愚痴りたくなるのも分かる。投稿は「感謝の気持ちを忘れず、原点に」と締めくくる▼「こどものその」の谷口ジョゼー理事長ら幹部が9日に本紙編集部を訪れ、対応のまずさを素直に認め、改善を約束した。文書に認めたものは、11日付け本紙6面に全文掲載する。投稿で指摘があったのは4団体。寄稿者が怒りの余り、一度出した小切手を引き下げた団体の幹部は読んだだろうか。二、三世で、日本語が読めないのかもしれない。身近な一世の方がそっと伝えるのも気持ちの寄付では。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ジャノーは自叙伝で何をしたかったのか?2019年10月4日 ジャノーは自叙伝で何をしたかったのか?  「全くもって、意味も狙いもわからない」。コラム子がそう言わずにいられないのが、元検察庁長官(2013~17年)のロドリゴ・ジャノー氏の自叙伝「ナーダ・メーノス・ケ・トゥード」だ▼9月下旬発売と言われつつ、まだ書店では見ないが、少なくともPDF版がマスコミには一斉に流れ […]
  • 部族の言葉や方言を大切にしよう2019年10月3日 部族の言葉や方言を大切にしよう  「何やってりゃーす」「とろっくさー事、言っとってかん」「怖ぎゃー事言やーすな」―。小5で転校した時、級友がそう話していたが、何もわからなかった。漢字交じりにすれば少しはわかり易いが、これを見てわかる人は名古屋弁に馴染みがある人だ▼各々、「何してるの」「バカな事言ってちゃダメ」 […]
  • 最高裁よ、お前もか!2019年10月1日 最高裁よ、お前もか! 新政権で後退し続ける汚職没滅の動き  最高裁が25、26日に行った審議により、今までに下されたラヴァ・ジャット作戦で摘発された有力者への有罪判決が30件以上も無効化されそうだ。「裁判所よ、おまえもか!」と言いたくなるような動きだ。  本紙28日付2面《最高裁=「LJ […]
  • ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か2019年9月27日 ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か  24日の国連総会での演説を、ほぼ「極右大統領としてのプロパガンダ」に終始したボウソナロ大統領。国際舞台が期待していた「アマゾン森林保護対策」に関しては欧米諸国の期待に応えるどころか神経を逆なでしていたようにも見えた。だが「自分の政治ポリシーのアピールの場」にすることし […]