ホーム | コラム | 樹海 | ストレス社会の犠牲者達

ストレス社会の犠牲者達

 14日夜、入院中と聞いていた友人が、ガンで卵巣などの摘出手術を受けたと聞いた。母一人、子一人の家庭で、二人して色々なイベントで奉仕する姿を良く見かけた。学校の管理職だと聞いた事もある▼その前週は、やはりイベントなどで見知っていた人がガンで亡くなったと聞いた。会社管理職の男性が、自分の部署への予算削減や家庭内の問題でストレスがたまり、脳腫瘍発見に至った例も読んだ。夫婦で日本に行ったが、奥さんがガンを患い、ブラジルに帰ってきた男性から、「妻は口答えした事がない」と聞き、ガンを患った原因の一つはそれだと瞬時に思った事も思い出す

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 失業率が12%まで低下=もっと働きたい人は新記録2019年8月1日 失業率が12%まで低下=もっと働きたい人は新記録  ブラジル地理統計院(IBGE)が7月31日に、4~6月の失業率は12%で、失業者は1280万人となったと発表したと同日付現地紙サイトが報じた。  ここ最近の失業率は、1~3月の12・7%を境に、12・5%、12・3%、12%と3カ月連続で低下している。  6月末時点の失業 […]
  • リオ五輪ビザ免除法承認=保安面から再考願う声も2015年11月26日 リオ五輪ビザ免除法承認=保安面から再考願う声も  ジウマ大統領は24日、来年のリオ五輪、パラリンピック期間中の観光ビザ免除の法案を裁可したと25日付伯字紙が報じた。 今月13日にパリで発生した大規模テロ事件の後、陸軍は保安上の理由により同法案を拒否するように求めていたが、かなわなかった。 大統領府は、法案に追加規定を盛り込む […]
  • コロナ災禍 連帯メッセージリレー=(2)=お互い手を取り励まし合おう!=総会延期、職員は在宅勤務=ブラジル日本語センター 日下野良武2020年4月3日 コロナ災禍 連帯メッセージリレー=(2)=お互い手を取り励まし合おう!=総会延期、職員は在宅勤務=ブラジル日本語センター 日下野良武  76年間生き抜いてきた私ですが、こんな体験は初めてです。  中国の武漢市が発生源の新型コロナウイルスが世界中に広がり多数の死者が出ています。ブラジルも例外ではなく、その影響は日系社会にも及びました。サンパウロやリオを中心に拡散の一途で、姿が見えない敵と戦うような感じ […]
  • 鳥取県人会=総会と新年会2008年2月9日 鳥取県人会=総会と新年会 ニッケイ新聞 2008年2月9日付け  ブラジル鳥取県人会(加藤恵久会長)は十日午前十時(二次招集)からブラジル鳥取交流センター(Rua Dona Cesaria Fagundes,323)で二〇〇八年度定期総会を行なう。 […]
  • 未成年犯罪への刑罰強化=3月にも連邦下院で採決へ2015年2月27日 未成年犯罪への刑罰強化=3月にも連邦下院で採決へ  エドゥアルド・クーニャ下院議長(民主運動党・PMDB)は25日午後、ブラジリアでジェラルド・アルキミンサンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)と会い、同知事が提唱した少年法改正案を3月に下院で審議すると述べたと26日付伯字紙が報じている。 改正案には、犯罪を繰り返したり、 […]