ホーム | コラム | 樹海 | ストレス社会の犠牲者達

ストレス社会の犠牲者達

 14日夜、入院中と聞いていた友人が、ガンで卵巣などの摘出手術を受けたと聞いた。母一人、子一人の家庭で、二人して色々なイベントで奉仕する姿を良く見かけた。学校の管理職だと聞いた事もある▼その前週は、やはりイベントなどで見知っていた人がガンで亡くなったと聞いた。会社管理職の男性が、自分の部署への予算削減や家庭内の問題でストレスがたまり、脳腫瘍発見に至った例も読んだ。夫婦で日本に行ったが、奥さんがガンを患い、ブラジルに帰ってきた男性から、「妻は口答えした事がない」と聞き、ガンを患った原因の一つはそれだと瞬時に思った事も思い出す

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 極右VS極左の仁義なき戦い2019年7月2日 極右VS極左の仁義なき戦い  「こんなシュール(超現実的、奇怪)な光景が見られるとは…」――6月19日に上院憲政委員会でなんと9時間にわたって繰り広げられた、セルジオ・モロ法相を問い詰める政治家たちの鬼気迫る様子をテレビで見ながらそう感じた。両手に余る汚職告発をかかえていつ監獄送りになってもおかし […]
  • ボウソナロ丸、羅針盤なき旅の怖さ2019年6月27日 ボウソナロ丸、羅針盤なき旅の怖さ  ボウソナロ政権発足から半年。経済回復など、変化を望む人達が期待を込めて選んだはずの大統領だが、期待が大きかった分、早くも失望感を味わっている人が多かろうと感じるこの頃だ▼当選直後から問題を感じていたが、個人レベルの発言なら目をつぶろうと思っていた環境や思想に関連する発言は、国 […]
  • 生き残りを模索するニッケイ新聞2019年6月25日 生き残りを模索するニッケイ新聞  日本移民の日の特集号に掲載した「サンパウロ新聞廃刊の経緯」には、日本側を含め、各方面からたくさんの反響が寄せられた。それだけあの廃刊は大きな衝撃を与えたのだと痛感した。  と同時に、「ニッケイ新聞はどう生き残るつもりなのか。戦略を説明しても良いのは」という意見も頂戴 […]
  • 「言葉の力」を大切に2019年6月20日 「言葉の力」を大切に  知人との会話の中で、「言葉の力」という言葉が出てきた。「愛」「感謝」といった言葉を書いた紙の上に水の入った入れ物を置いておくと、水の分子が雪の結晶のようなきれいな形になり、水質もよくなるが、「憎しみ」「怒り」といった言葉を書いた紙の上だと、分子はきれいな形にはならないという内 […]