ホーム | コラム | 樹海 | 形あるものは必ず壊れる?

形あるものは必ず壊れる?

 ブラジリアで6日、首都中心部を走る自動車専用道の高架橋の一部崩落が起きた▼連邦直轄区道2号線はエイションとも呼ばれる幹線道路で、高架橋下は当初、「タイムズ・スクエアのような場所に」との構想もあったらしい。現在は周辺の銀行職員などが利用するレストランとかがある程度だ。崩落時は走行中の車もなく、レストランの方も客や従業員がいない部分に被害が出ただけ。不幸中の幸いだった▼事故の報道を見た時、「生あるものは必ず滅し、形あるものは必ず壊れる」という言葉を思い出した。仏教用語なら「諸行無常」で表される事だが、ブラジリアでは4日も建物の床が落ち、地下の車庫の車25台が押し潰されるという事故が起きた。何もない所を切り開いて造られた新しい都市ブラジリアだが、保守・改修を怠れば、種々の建造物の崩壊や倒壊は避けられない▼今回落ちた橋は何度も保守工事が必要と警告されており、避け得た事故という点も気にかかる。ブラジリアでの事故は死傷者ゼロだったが、4日にサンパウロ市で起きた、カーニバルの行進参加者の感電死も、2日に行った監視モニター設置時のミスと、設置後に電気ショックを受けた歩行者が何人もいたのに善処されなかった事が招いた人災だ▼ボランティアとして社会福祉活動にも参加していた青年を急に失った関係者の悲しみはいかほどか。安全と信じて車を走らせ、食事をしていた場所が、大音響と共に様変わりしたのを見た驚きは? サンパウロ市でもレメジオ橋で緊急の保守工事が行われた例があるなど、次を予想する事は難しい。だが、警告や前兆を真摯に受け止める事で、不測の事態を回避する術は皆が身につけたいものだ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • スーパーチューズデイ、ブラジルにとっては?2020年3月6日 スーパーチューズデイ、ブラジルにとっては?  アメリカでは3日、3月の第1週の火曜日に、大統領選の年に4年に1度の「スーパーチューズデイ」が行なわれ、14州で予備選が行なわれた。その結果、民主党の大統領候補争いでは、それまでの予備選で劣勢だったジョー・バイデン氏が、9州で勝利し、それまで優勢だったバーニー・サンダ […]
  • 全体の流れを見る事の大切さ2020年3月5日 全体の流れを見る事の大切さ  3日夜、食卓の上に水道のメーターを取り替えた事を示す書類が置いてあるのに気がついた。主人も検査で留守だったため、息子がサインしていたが、その後、主人から台所やトイレの水が出ないと言われた。調べてみると途中までは水が来ている。ならばと思い、台所とトイレの配管部の栓(レジストロ) […]
  • 産業文明という「人類の緩慢な自殺行為」2020年3月3日 産業文明という「人類の緩慢な自殺行為」  ちょっと心を洗われるコラムを読んだので、紹介したい。生物学者フェルナンド・レイナッキ氏がエスタード紙2月22日付に書いた「(Mundo de oportunidade(機会ある世界) […]
  • 今こそカーニバルの知的風刺精神は知られるべき2020年2月28日 今こそカーニバルの知的風刺精神は知られるべき  24日朝、コラム子がツイッターを眺めていると、突然、日本の知人から連絡が入った。「ポルトガル語で興味深いニュース記事をネットで見つけたのだが、言葉がわからないので教えてくれ」とのことだった。  それはサンパウロ市カーニバルのデスフィーレ(パレード)で、エスコーラ、ア […]