ホーム | コラム | 樹海 | 形あるものは必ず壊れる?

形あるものは必ず壊れる?

 ブラジリアで6日、首都中心部を走る自動車専用道の高架橋の一部崩落が起きた▼連邦直轄区道2号線はエイションとも呼ばれる幹線道路で、高架橋下は当初、「タイムズ・スクエアのような場所に」との構想もあったらしい。現在は周辺の銀行職員などが利用するレストランとかがある程度だ。崩落時は走行中の車もなく、レストランの方も客や従業員がいない部分に被害が出ただけ。不幸中の幸いだった▼事故の報道を見た時、「生あるものは必ず滅し、形あるものは必ず壊れる」という言葉を思い出した。仏教用語なら「諸行無常」で表される事だが、ブラジリアでは4日も建物の床が落ち、地下の車庫の車25台が押し潰されるという事故が起きた。何もない所を切り開いて造られた新しい都市ブラジリアだが、保守・改修を怠れば、種々の建造物の崩壊や倒壊は避けられない▼今回落ちた橋は何度も保守工事が必要と警告されており、避け得た事故という点も気にかかる。ブラジリアでの事故は死傷者ゼロだったが、4日にサンパウロ市で起きた、カーニバルの行進参加者の感電死も、2日に行った監視モニター設置時のミスと、設置後に電気ショックを受けた歩行者が何人もいたのに善処されなかった事が招いた人災だ▼ボランティアとして社会福祉活動にも参加していた青年を急に失った関係者の悲しみはいかほどか。安全と信じて車を走らせ、食事をしていた場所が、大音響と共に様変わりしたのを見た驚きは? サンパウロ市でもレメジオ橋で緊急の保守工事が行われた例があるなど、次を予想する事は難しい。だが、警告や前兆を真摯に受け止める事で、不測の事態を回避する術は皆が身につけたいものだ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 大学への司法介入とメディアへの検閲問題2018年11月15日 大学への司法介入とメディアへの検閲問題  10月31日と今月8日に、表現の自由や言論の自由、知る権利や知らせる義務に関する判決が出た▼10月のは、統一選の決戦投票前に大学内で起きた、思想的に偏ったと見られる活動への司法介入後、大学運営への司法介入や警察導入を禁じた暫定令を最高裁が承認した事だ。同裁は民主主義における多 […]
  • 「隠れ移民大国」日本は、キチンとした移住政策をとるべき2018年11月13日 「隠れ移民大国」日本は、キチンとした移住政策をとるべき  『文藝春秋』11月号には《安部政権最大の失政/亡国の「移民政策」》という刺激的な特集が40ページも組まれている。これを読んで驚いたが、実は日本は「隠れ移民大国」だった。  《現在、日本で暮らす外国人数は、約二百五十六万人(二〇一七年末時点。法務省の在留外国人統計)。 […]
  • 極右を「正義」にしてしまった二人の張本人2018年11月9日 極右を「正義」にしてしまった二人の張本人  「伯国の“極右”観が他の国と比べてきわめて特殊だ」ということを、コラム子は2日付の当コラムで書いた。そのときは「極右に対しての危機感の欠如」を指摘したが今度は、極右を「正義」だとさえ思っている人が少なくないことを指摘しよう▼「差別主義者的な言動をしておいて何が正義だ」 […]
  • 言葉を発する前のためらいや熟慮は?2018年11月8日 言葉を発する前のためらいや熟慮は?  NHKの番組で先日、中高年の男性が「オヤジギャグ」を言うのは、50代をピークに「連合記憶」が活性化する一方で前頭葉の働きが落ち、節制が利かなくなるからと語っていた▼言語学をかじっただけに、「連合記憶」や前頭葉という言葉が懐かしくて聞いていると、年齢や経験を重ねる事で一つの言葉 […]