ホーム | コラム | 樹海 | また一つ生まれた、ブラジル政界の謎の伝説

また一つ生まれた、ブラジル政界の謎の伝説

ベビアーノ氏(Valter Campeonato/Agencia Brasil)

 先週末からのブラジル政界の展開があまりにも怒涛で、早くも忘れられがちであるが、14日午前、グスターヴォ・ベビアーノ氏が心臓発作で急死した。
 死は自宅で突如襲われ、同氏の息子の眼の前で亡くなったと言うが、これをめぐり、「本当に自然死なのか」と怪しむ声が少なくなかった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ますます進むボウソナロ大統領の孤立=コロナ対策で対立する保健相を法相、最高裁、検察庁が支持2020年4月1日 《ブラジル》ますます進むボウソナロ大統領の孤立=コロナ対策で対立する保健相を法相、最高裁、検察庁が支持  ブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大に関する国の方針をめぐり、ボウソナロ大統領よりも、ルイス・エンリケ・マンデッタ保健相の方針を優先する声が、セルジオ・モロ法相や最高裁、連邦検察庁にも広がりつつあると、3月31日付現地紙、サイトが報じている。  モロ法相は3月3 […]
  • 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”2019年5月14日 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”  ロスの全米日系人博物館で「大戦期、強制収容所に入れられた一世の7割が忠誠心調査でNoNoだった」というガイドの話を聞き、これは「アメリカ版の踏絵だ」と痛感した。  1943年初頭にアメリカ政府の戦時転居当局が実施した、17歳以上の強制収容者に対するアメリカへの忠誠心 […]
  • ブラジル・メディアが報じたがらない不都合なニュース2019年12月20日 ブラジル・メディアが報じたがらない不都合なニュース  今年最後の当コラムということで、コラム子が個人的に気になっているニュースについて語ることにしよう。  それは、パラナ州検察局のリーダー格の人物、ジャヌアリオ・パルード氏に収賄疑惑が2件、立て続けで報じられたことだ。パルード氏は同検察局のラヴァ・ジャット(LJ)作戦主 […]
  • 任期一年目が終わる前から、もう選挙気分2019年12月6日 任期一年目が終わる前から、もう選挙気分  まだ大統領就任から1年がたっていない現在、ボウソナロ大統領はもう次回、2022年の選挙に向けて動いている。  その動きの一つが新党「ブラジル同盟(APB)」の結党だ。自分自身がコントロールしやすい党で2期目を狙いたい。そんなところだろう。もともと、政党に腰が座らず、 […]
  • 最高裁よ、お前もか!2019年10月1日 最高裁よ、お前もか! 新政権で後退し続ける汚職没滅の動き  最高裁が25、26日に行った審議により、今までに下されたラヴァ・ジャット作戦で摘発された有力者への有罪判決が30件以上も無効化されそうだ。「裁判所よ、おまえもか!」と言いたくなるような動きだ。  本紙28日付2面《最高裁=「LJ […]