ホーム | コラム | 樹海 | 州立校での銃乱射事件から1週間を経て

州立校での銃乱射事件から1週間を経て

 サンパウロ大都市圏スザノ市で起きた州立校銃乱射事件から1週間が経ち、20日には初七日のミサも行われた▼17歳と25歳の元在校生が、彼らも含めて10人の死者と11人の負傷者を出した事件だ。その後は、葬儀の様子や授業再開に向けた準備などの報道と共に、約1年半かけた準備段階に関与した別の元在校生が校内での銃乱射計画を匂わせる発言をしていた事、今回の事件の実行者らを称える言葉がインターネットの秘密サイトの掲示板に書き込まれた事などが報じられた。だが、秘密サイトには警察の手が余り及んでいない点は気がかりだ

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 日伯修好125周年で「日伯200周年基金」を2020年2月4日 日伯修好125周年で「日伯200周年基金」を  日伯修好125周年を記念して、「日伯200周年基金(Fundo de Bicentenario […]
  • 22年大統領選のカギを握る男2020年2月7日 22年大統領選のカギを握る男  米国では今、大統領選の予備選が3日のアイオワ州を皮切りにはじまり、そろそろ本格的な盛り上がりを見せはじめている。とりわけ、野党・民主党にとっては誰がトランプ氏の対抗馬になるのかを決める意味で非常に重要な意味を持つ。  ブラジルでの大統領選は2022年。ボウソナロ政権 […]
  • ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう!2020年1月21日 ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう! […]
  • 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見2020年1月31日 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見  26日夜のことだった。コラム子は妻から、「これ、あなたが書いたの?」と、彼女が開いたノート・パソコンを指して言われた。読んでみるとそれはフォーリャ紙の記事で「日系の新聞がボウソナロ大統領を批判」と書かれてあった。  「えっ、どれのことだろう」とコラム子も一瞬、自分の […]
  • 日本文化の本質、「和の国」の“根っこ”とは2020年2月11日 日本文化の本質、「和の国」の“根っこ”とは  二世、三世ら子孫、ブラジル人に「何が日本文化か?」と尋ねられて、ポルトガル語でキチンと説明できる人がどれだけいるだろうか。というか、日本語で説明することも難しいだろう。  いきおい、ポルトガル語をあまり使わないで日本語教育、日本舞踊、書道、お茶、お花、音楽などを熱心 […]