ホーム | 日系社会ニュース | 早稲田大=鈴木南樹の史料を寄贈=図書館から移民史料館に=ハガキ84枚のコピーなど

早稲田大=鈴木南樹の史料を寄贈=図書館から移民史料館に=ハガキ84枚のコピーなど

ニッケイ新聞 2010年5月27日付け

 〃移民の草分け〃鈴木貞次郎(南樹)が欧州旅行した歳に東京の友人に宛てて書いた手紙が、2年前に東京・神田の古本屋(八木屋)で見つかった。日本移民史料館に買い取らないかとの話が持ち込まれたが資金難で実現に至らず、鈴木貞次郎の出身大学である早稲田大学が買い取ることになり、同大学から移民史料館にそのデジタル・コピーを贈呈するセレモニーが21日に行われた。

 現在、早稲田大学移民・エスニック文化研究所と協力して、同史料館はデジタル史料保存プロジェクトを進めていることもあり、この貴重な史料が贈呈されることになった。
 同史料館では2年前に邦字紙を通じて購入に協力する篤志家を募ったが、実現には至らなかった経緯がある。しかし、早稲田大学校友会の支援もあって、同大学図書館が購入していた。
 21日に同図書館で行われた贈呈式には、南樹の書いたハガキ84枚と手紙1通のデジタル・コピーが、移民史料館の栗原猛運営委員長に手渡された。
 当日は図書館館長の加藤哲夫氏、同副館長の宗像和重氏、同事務部長の中元誠氏、同資料管理課長の藤原秀之氏、総長室副部長の藤井公博氏、移民・エスニック文化研究所所長の森本豊富氏、中村茂生客員研究員、早稲田大学評議員の鴛海量良氏が立ち会った。
 栗原運営委員長は、「この資料をサンパウロ人文科学研究所の協力をえて分析解明して、新たな鈴木貞次郎の一面が発見されることを期待している。今回を契機として早稲田大学とブラジル日本移民史料館とは一層の連携を強めることにした」としている。
 移民史料館からは、日本語版百年史編纂委員会(森幸一編纂委員長)から刊行された日本移民百年史別巻の写真集『目で見るブラジル日本移民の百年』(08年、風響社)を返呈した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰2020年9月28日 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰  ブラジルへの日本人移住112周年を記念する「移民の日特別号」の発行をお慶び申し上げます。  日本とブラジルの緊密な友好関係の重要な礎となっているのが、ブラジルにおける日系社会という特別な人的な絆です。日本人移住者及び日系人の皆様は、移住後に大変なご苦労を経験されまし […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]