ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2010年5月29日付け

 今の若い人たちで「シベリア抑留」を知る人は少ない。あの大東亜戦争の末に満州にいた軍人や満蒙開拓青年団などの日本人がソ連軍に捕虜としてシベリアやモンゴルに連行され苛酷な労働に従事させられた悲劇である。65万人が連行されたとするのが定説だが、ロシアには76万人分の資料があり、現在でもはっきりした人数はわからない▼当時の関東軍総司令官・山田乙三大将や瀬島龍三中佐(伊藤忠会長)を始め宇野宗佑元首相などもあの厳寒の地で辛酸をつぶさに舐めている。帝国ホテルの名料理人・村上信夫や歌手の三波春夫もだし近衛文麿の長男・近衛文隆中尉は抑留中に死去している。ソ連の共産化教育は厳しく、池田重善曹長が吉村久佳少佐の変名を使い抑留者らを虐待した「暁に祈る」事件は、今も語り継がれる▼この苦闘の体験を素材にして胡桃沢耕史は「黒パン俘虜記」を発表し直木賞を受賞している。この作品で池田に名誉毀損で訴えられたが、胡桃沢は池田が悲惨な残虐を行ったモンゴルの収容所にいたと主張している。抑留者のうち6万人が死亡したとされるが、こんな哀しい話は尽きることもなく多い▼これら抑留者の47万3千人が帰国したが、これまで日本政府はシベリアなどで働いた賃金への支払いをしなかった。それがやっと「シベリア特措法」が今国会で成立しそうである。給付金は最高で150万円と多くはないが、それでも政府が本格的に取組んだのは評価したい。帰国した人の平均年齢は87歳前後だし生存者も7万から8万人とされるから、1日も早く給付金を手渡し、あの労苦に酬いたい。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰2020年9月28日 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰  ブラジルへの日本人移住112周年を記念する「移民の日特別号」の発行をお慶び申し上げます。  日本とブラジルの緊密な友好関係の重要な礎となっているのが、ブラジルにおける日系社会という特別な人的な絆です。日本人移住者及び日系人の皆様は、移住後に大変なご苦労を経験されまし […]
  • 本紙への寄付者芳名2020年9月26日 本紙への寄付者芳名  ブラジル相撲連盟の赤木政敏(あかぎまさとし)相談役、エンポリオ古賀(ニッケイ新聞代理店)、大矢進貞さん(ゆきさだ)、おもいで酒場パブラオケ、林ヨシノブ・パウロさん、平延渉さん(ひらのぶわたる)、匿名希望の篤志家の皆さまより寄付をいただき、ありがとうございました。 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]