ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年4月20日

 あの圧力鍋爆弾で大騒ぎになったボストンには「心臓破りの丘」という難所があり、多くのマラソンの選手らが悲鳴を上げる。そんな急坂を苦にもせず走り抜けた山田敬蔵選手が優勝し、田舎の寒村も大喜びしたものである。筆者はまだ子どもの頃だが、あれは昭和28年のことであり、日本のスポーツ選手が外国人を破ると国民も一緒になってバンザーイと叫んだりした▼この鍋爆弾テロで3人が死亡し、2万数千人が参加したボストン・マラソンも台無しになったが、あのブッシュ前大統領が「新しい戦争」と語った2001年の米中枢テロ以来のことであり、オバマ大統領らは危機感を強くしている。FBIや地元の警察では、犯人らしい人物を写した映像を発見しているが、外国人なのか米国人なのかも不明であり、テロの真相は謎が多い▼と、これだけでも大事件なのに、オバマ大統領宛の郵便物に猛毒リシンが入っていたのが判明し、これは犯人ポールを逮捕したが、こちらも犯行動機がはっきりしない。リシンはヒマの種から抽出した毒薬であり、致死量は極めて高い。今から30数年前にロンドンでブルガリア人のウラジミール殺害事件があり、検死したら遺体の中にリシンが発見され、KGBの犯行かともされた▼このリシンはウイッカート上議の郵便物でも見つかっているが、逮捕されたポールの動機は、どうもはっきりしない。FBIでは、爆弾テロとは関係ないとしているが、このリシン送付の怪は不可解としか申しようが無い。圧力鍋に火薬を入れてのテロもだが、米政界トップに劇薬郵送とーこの大国は謎に満ちている。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 新しいものは基本があってこそ2019年11月7日 新しいものは基本があってこそ  NHKの番組で、新しいスタイルの文字(字体)を作る人は、最初の数カ月間、ひたすら明朝体の文字を模写すると聞いた。完璧に書き写したつもりでも、ベテランから線の幅やふくらみなどを直される様子を見、新しいものを作り出す前に基本を体に染み込ませる必要があるのだと痛感した▼手書き感のあ […]
  • チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか?2019年11月5日 チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか? ▼「AI5もありえる」という暴言の背景  10月31日、ボウロナロ大統領の息子エドワルド連邦下議は、居丈高に「もしもチリで起きているようなことがブラジルで起き、飛行機のハイジャックや要人の誘拐にまで発展するようなら、現代版のAI5(軍政令)を作って対応する […]
  • コーヴァスの癌で聖市市長選はどうなる?2019年11月1日 コーヴァスの癌で聖市市長選はどうなる?  聖市市長のブルーノ・コーヴァス氏が癌を煩っていることがわかった。まだ39歳の若さでそんな大病になること自体、かなり驚きだが、これは聖州政界、そして所属の民主社会党(PSDB)にとって、予想だにしない衝撃だったに違いない▼それは同氏が、PSDBにとって手塩にかけて育てた […]
  • スーパーエルニーニョと大災害2019年10月31日 スーパーエルニーニョと大災害  風台風15号と雨台風19号による被害が続いた日本。1日も早い復旧を願わされる中、28日にスーパーエルニーニョと地球温暖化に関する記事を読んだ▼エクアドルに近い赤道付近の海面水温が平年より高い状態が1年以上続き、世界各地で大雨や干ばつなどを引き起こすエルニーニョ現象。だが、ハワ […]