ホーム | 連載 | 2010年 | セラードの今を歩く=家の光編集部・佐藤哲也 | セラードの今を歩く=家の光編集部・佐藤哲也=(6)=土地の代金は大豆現物で

セラードの今を歩く=家の光編集部・佐藤哲也=(6)=土地の代金は大豆現物で

ニッケイ新聞 2010年6月5日付け

 ブラジルでは、投資して土地を購入する。ところがほとんどの場合、このすべてが農地として使えるわけではない。開墾と土壌改良には時間と資金が必要で、農地だけを買えば資金がより必要になる。開拓済みの農地に作付けをする一方で、農家は自分たちの手で、未開拓の土地を拓いていく。
 小山氏は83年9月に1815ヘクタールの土地を購入した。
 ブラジル南部のパラナ州に、兄弟で所有していた土地180ヘクタールのうち、50ヘクタールを売った代金を購入に充てた。パラナの土地1ヘクタールで、バイアの土地が40ヘクタール近くも買えた計算だ。
 その翌84年から作付けを始めた。しかし、1800ヘクタールもの土地を購入したものの、農地として使えたのは、一割にも満たない150ヘクタールだった。
 その後、未開拓の土地を開拓し、農地面積を増やしていった。徐々に経営がうまくいくようになり、資金に余裕ができるようになった。
 2度目の土地購入は90年。490ヘクタールの土地を1ヘクタール当たり10・61俵(計5200俵)で購入した。ブラジルでは土地代金の返済が現物でもできるのだ。ただ、初めから農地として使用できる土地は150ヘクタールだった。
 90年代前半、ブラジルは通貨危機に瀕していたが、ドルに対し、レアル安となり、ドル建てでの大豆販売は、農家にとって高収入をもたらすことにもつながった。
 小山氏は順調に借金を返し終え、自己資金で作付けをしていたが、3度目の土地購入のチャンスが訪れる。
 「買うつもりはなかったんだけど、土地を買ってくれと頼まれて。面積が大きいから冗談で、『10年払いでなら』と答えたんだよ。そこから話が進んでしまって」
 こうして、2006年に1500ヘクタール(土壌改良済み農地は400ヘクタール)を1ヘクタール当たり90俵で購入した。15年の間に、土地の値段は桁違いに値上がりしていた。  いまは大豆価格が安定しているので、土地の決済が大豆でもでき、買いやすい。一方、土地を大豆現物で売るとなると、リスクを考えれば生産性の高い農業者に売りたいとなる。小山氏が土地を買った相手は、小山氏だから売りたいと考えていたそうだ。
 現在、土地の支払いがあるため、経営状況はかなり厳しいという。リスクヘッジのために、一部をコスト割れしない価格で前売りもしている。今年は自己資金20%で、80%を銀行からの融資に頼る。
 ブラジル銀行などから、約200万レアル(約1億円)を年利8・7%で融資を受けている。この金利はブラジルでは低い利率で、ほとんどの農家が10%を超える年利で融資を受けている。
 毎年、収穫後に返済し、作付けの時期になると再度、融資を受ける。土地の支払いは13年までと、あと4年で返済する計画だ。今年は500ヘクタール分の支払いが完了し、経営も改善しそうだ。
 返済が終了すれば、14年には、自己資金50%、15年からは、自己資金100%で作付けできる見込みだ。すべて自己資金で作付けができれば、売り先の自由度もあがり、経営はいま以上にうまくいくはずだ。小山氏は5年後を楽しみにしている。
 返済は、06年に土地を購入した際に計画したとおりに進んでいる。むしろ少しだけ順調にいった分、すこし資金に余裕ができ、ふるさとのパラナにも土地を125ヘクタール買ったのだと教えてくれた。うれしい話はもう一つある。
 「土地を買ったときに、子どもたちには家計を切り詰めてほんとうに苦労をかけた。でも、ブラジリアの大学に通う息子が、『お父さんの跡を継ぐ』と言ってくれているんだよ」
 そう言って、小山氏は目を細めた。(つづく)

写真=小山氏

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ俳壇(892)=星野瞳 選2016年6月16日 ニッケイ俳壇(892)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎虻が来て蝶来て天気葱坊主着ぶくれて南風寒き国に老ゆ行く秋や牧場に白き月残し草山の草分けのぼる秋の風雲の峰一日崩れず牧遅日 […]
  • ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選2015年10月2日 ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選 アリアンサ  新津 稚鴎 激つ瀬のひっぱる風や木々芽ぐむ 草萌ゆる野やぽっかりと月浮かべ 鼻振って家の漫歩や蝶の昼 夜蝉鳴く泣き虫の樹が泣き止めば 貯水池に天から降って目高棲む いさぎよく葉を落としイペ花仕度 水温む鶏が孵せし子家鴨に 【作者・稚鴎さんは来たる十 […]
  • 『クワレズマ』はクワレズメイラという南米原産のノボタン(野牡丹)科の花樹(かじゅ)の事 。(写真は2010年3月20日付けエスタード紙でも紹介されたリベルダーデ(東洋街)のクアレズマ)2015年5月14日 ニッケイ俳壇(838)=星野瞳 選    セーラドスクリスタイス   桶口玄海児 母作るボリンニャデシューヴァ夏休み雨降れば人恋しがる山家猫マンゴー樹をマリタカの群れ襲いたるブラジルの萩水昌村の霧宿しインジオの少年を呼びラン捕りに(ランは蝦蟇)    北海道・旭川市       両瀬 辰江 花の芽を […]
  • 『カルナバル』はカーニバルをポルトガル語で発音したもの2015年4月1日 ニッケイ俳壇(831)=富重久子 選    アチバイア         東  抱水  どの町も教会が見え天高し【半世紀前移民してきた時、一番先に目に止まったのが教会の尖塔であって、これがこの国 […]
  • あちこちで出る猛暑の影響=工業順調も農業に被害=サンパウロ州は水源確保に人工降雨=広域停電の真の理由は?2014年2月8日 あちこちで出る猛暑の影響=工業順調も農業に被害=サンパウロ州は水源確保に人工降雨=広域停電の真の理由は? ニッケイ新聞 2014年2月8日 【既報関連】この夏は中伯~南伯では過去70年間で最高の猛暑で、少雨とあいまった水不足や電力供給不安を始め、工業や農業など、様々な分野に影響が出ている。 13年の北東伯は過去70年間で最悪の干ばつに見舞われ、この夏は南東伯が過去50年間で最悪の […]