ホーム | 連載 | 2010年 | セラードの今を歩く=家の光編集部・佐藤哲也 | セラードの今を歩く=家の光編集部・佐藤哲也=(5)=効果的コストで驚異的収量

セラードの今を歩く=家の光編集部・佐藤哲也=(5)=効果的コストで驚異的収量

ニッケイ新聞 2010年6月3日付け

 次に訪問したのが、ミナス・ジェライス州の北に位置するバイア州だ。その州西部の都市・バレイラスから西に80キロほどの位置にルイス・エドワルド・マガリャンエス市(以下LEM)がある。
 LEMの北部には、大豆、トウモロコシの大穀倉地帯が広がっている。見渡すかぎりの大豆、トウモロコシ畑が地平線となって続く。
 3月中旬、小山タダシ氏(56)の農場では、幅9メートルもある17条刈りの大型コンバイン3台を使って大豆の収穫作業が行われていた。
 小山氏は大豆2100ヘクタール、トウモロコシ600ヘクタールを作る。今年、大豆では1ヘクタール当たり72俵を収穫した。平均的な収量が50俵だといわれているなかで、驚異的な数字だ。なぜ、これほどの多収が可能になるのか。
 「それだけコストをかけているからだよ。でも、いくらでもかけていいわけではなく、売り上げが増えてもそれ以上にコストがかかってしまえば、かける意味がないからね」
 そう言って小山氏は、生産計画書を見せてくれた。農薬や肥料代などの項目にはUSドル、ブラジルレアル、大豆の俵数それぞれに換算して生産コストを算出している。1ヘクタール当たりの生産コストは、大豆で47俵(実際には、コストは47俵以下に収まる)分を見積もっている。
 コスト管理を徹底しなければ、利息を払うことだけに追われ、生き残れないのもブラジル農業の現実だ。
 小山氏は、バレイラスとLEMに事務所を置くコプロエステ農協の組合長を勤める。農場に管理者を置かず、自身が農場に住み込んでいるのだが、数年前、農協の組合長に就任したことで、バレイラスと農場を往復する生活に変わった。
 「農協の仕事をやるようになって、町と農場を行ったり来たりするようになった。以前よりも年間3万キロも、車の走行距離が増えたよ」と、小山氏が笑って話せるのも、3人の優秀な「右腕」とも言える人材がいるからだ。
 その3人が収穫時には3台のコンバインを操作する。もともとはLEMに土地を買ったときに、開墾作業のために雇った人たちで、切り倒した木の根をいっしょに拾った仲間でもある。
 農機具の使い方も、小山氏がすべて一から教えたのだという。入植当初から苦労を共にしてきた仲間だからこそ、固い信頼関係で結ばれている。 3人には月給のほか、年度末に売り上げに応じて手当てを出し、年額にすれば、かなりの金額になる。この額は、サンパウロで働いてもなかなかもらえない金額だ。
 小山氏の農場で収穫した大豆は、30%がLEMにある穀物メジャー「ブンゲ」の搾油工場に出荷し、残りを国内穀物企業「ムーチ・グレイン」や穀物メジャー「ADM」などに販売する。 少なくみても、今年は1ヘクタール当たり25~30俵分が利益となる。そこから、投資分(土地代や借金の返済、設備費)を差し引いた額が、手元に残る。
 小山氏が所有するコンバインは1台約68万レアル(約3400万円)で、6年払いで購入したものだ。新車を購入するのは支払いがたいへんなため、小山氏は8年使ってから売り、新車の購入資金に充てている。8年使っても、購入時の40~45%で売れるのだという。
 それは、使用後の洗浄や手入れなど、こまめにメンテナンスをするからだ。もちろん、メーカーに依頼するとコスト負担が増えるため、ちょっとした修理くらいなら自分たちで済ませてしまう。 「それでも、機械は一度買ってしまえば、それ以上のコストはかからないけれど、燃料が高いと思うね。収獲のとき、朝8時から夕方6時ごろまで機械を使えば、一日800リットルにもなるよ。年間だと、15万リットルにもなるからね」
 ブラジルのディーゼル燃料価格は、1リットル当たり約90円で、それだけでも年間1350万円にもなる。輸出もする産油国でありながら、ガソリンやディーゼル燃料価格は国際相場より30%以上高いといわれている。
 また小山氏が、効果的な投資の基本においているのが土づくりだ。毎年、サンパウロ州カンピーナスにある研究所に土壌のサンプル(50ヘクタールにつき4個)を送り、分析してもっている。その結果をもとに細かい土壌設計を立てる。 「分析結果をみて、畑のどの箇所にどれだけの肥料を入れればよいかや、酸性を改良するために石灰(カリ)をどれだけ入れればいいかを判断する。窒素、リン酸、カリ以外にも微量要素のマンガンや亜鉛、コバルト、モリブデン、ホウ素も計画に基づいて投入している。そのほかにもアミノ酸を入れることもあるよ」   (つづく)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ俳壇(892)=星野瞳 選2016年6月16日 ニッケイ俳壇(892)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎虻が来て蝶来て天気葱坊主着ぶくれて南風寒き国に老ゆ行く秋や牧場に白き月残し草山の草分けのぼる秋の風雲の峰一日崩れず牧遅日 […]
  • ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選2015年10月2日 ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選 アリアンサ  新津 稚鴎 激つ瀬のひっぱる風や木々芽ぐむ 草萌ゆる野やぽっかりと月浮かべ 鼻振って家の漫歩や蝶の昼 夜蝉鳴く泣き虫の樹が泣き止めば 貯水池に天から降って目高棲む いさぎよく葉を落としイペ花仕度 水温む鶏が孵せし子家鴨に 【作者・稚鴎さんは来たる十 […]
  • 『クワレズマ』はクワレズメイラという南米原産のノボタン(野牡丹)科の花樹(かじゅ)の事 。(写真は2010年3月20日付けエスタード紙でも紹介されたリベルダーデ(東洋街)のクアレズマ)2015年5月14日 ニッケイ俳壇(838)=星野瞳 選    セーラドスクリスタイス   桶口玄海児 母作るボリンニャデシューヴァ夏休み雨降れば人恋しがる山家猫マンゴー樹をマリタカの群れ襲いたるブラジルの萩水昌村の霧宿しインジオの少年を呼びラン捕りに(ランは蝦蟇)    北海道・旭川市       両瀬 辰江 花の芽を […]
  • 『カルナバル』はカーニバルをポルトガル語で発音したもの2015年4月1日 ニッケイ俳壇(831)=富重久子 選    アチバイア         東  抱水  どの町も教会が見え天高し【半世紀前移民してきた時、一番先に目に止まったのが教会の尖塔であって、これがこの国 […]
  • 新種の蛾が農家脅かす=国内に有効な農薬はなし2013年10月16日 新種の蛾が農家脅かす=国内に有効な農薬はなし ニッケイ新聞 2013年10月16日  2月にバイア州で見つかったオオタバコガが、バイア、ゴイアス、マット・グロッソ、サンパウロ、パラナ各州の農家を脅かしていると13日付エスタード紙が報じた。 […]