ホーム | 日系社会ニュース | 聖南西相撲選手権=カ・ボニートで4日

聖南西相撲選手権=カ・ボニートで4日

ニッケイ新聞 2010年7月2日付け

 第54回聖南西相撲選手権大会が4日午前8時半から、聖州カッポン・ボニート文協内の常設土俵で開催される。聖南西文化体育連盟(UCES)主催。
 地元カッポン・ボニートはじめイビウナ、オザスコ、イタペチニンガ、リベイラ地域など、同連盟傘下の27文協から約150人の選手が参加し、男女とも幼年、少年A、B、準青年、青年のカテゴリに分れ取り組みを行う。
 同大会の各組上位5人が今月24、25両日に開催される全伯相撲選手権の出場選手となる。

image_print

こちらの記事もどうぞ