ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2010年7月6日付け

 JICAボランティア着任、離任式典で、離任者代表の挨拶を行ったシニアボランティア安藤徳子さんの話では、楽しむ事を忘れない現地スタッフに明るさを学んだこと、阿吽の呼吸が通じなかった経験などが紹介された。その中に「ついに慣れなかった異性とのハグ」があり、毎度ビックリしていたという。ハグが習慣になりすっかり〃ブラジル人化〃した同期たちに、「日本では気をつけてくださいね」と話し、会場の笑いを誘う場面も。
     ◎
 日本相撲協会は5日、名古屋で11日から始まる7月場所の番付を発表した。ブラジル出身力士として4人目となる十両昇進を果たした魁聖(友綱部屋)は東十二枚目でのスタート。友綱部屋もう一人のブラジル出身力士、魁心も三段目東二枚目となっている。活躍に期待。しかし一方で、大相撲の野球賭博問題でNHKの中継が行われるかどうかは現時点で未定。6日に会見で発表するとのことだが、朝早くから楽しみにしているコロニアの相撲ファンのためにも、ぜひ行なってほしいもの。
     ◎
 ボリビア政府は5日、地上デジタル放送の日伯方式を採用すると発表した。スペイン語メディア、日本の各メディアが報じており、今後2年間での導入を目指す考えという。中南米での地デジ日伯方式採用は、これで9カ国目。

image_print

こちらの記事もどうぞ