ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 テメル大統領の告発受け入れに関する連邦下院議会での投票が2日に行われた。日系下議4人の投票は次の通り。飯星ワルテル氏(社会民主党、PSD)、西森ルイス氏(共和党、PR)、高山ヒデカズ氏(キリスト教社会党、PSC)の3氏は、テメル告発お蔵入りを意味する「Sim」に投票した。太田慶子氏(ブラジル社会党、PSB)のみが告発の審議継続を指示する「Nao」に入れた。これはどちらも「党が決めた方針に従った」という形。ちなみに太田下議のPSBは、JBSショック後の与党離脱した党で、それまでは連立与党だった。来年に向けてどちらの立場が有権者により支持されるのか、だんだん明らかになりそう。首を洗って待っていた方が良いのはどっち?
     ◎
 俳誌『朝蔭』453号が7月に刊行された。《ペオン等の良夜のバイレ夜を徹し》(笹谷蘭峯)は牧場が多いドイス・イルモンス在住者らしい牛飼いの若者の姿を詠んだもの。《拓魂碑拝して侍る移民祭》(纐纈俊夫)は古い入植地プレジデンテ・プルデンテらしい作品。碑の前で畏まった様子がよく伝わる。《浮ポスト海豚が跳んでよき日和》(東比呂)もマナウス在住者らしいアマゾン河の風景。《養鶏業今日はお休み運動会》(鈴木昌子)も年中無休のはずの「卵の都」バストスにおける知られざる休日を詠んだ。《ブラジルや市長も法被で盆踊》(庄司よし子)からはブラジル人市長も盆踊では法被を着て、日系人と一緒に踊っていることが伺える。日系大集団地ロンドリーナらしい作品。
     ◎
 俳誌『朝蔭』453号にあった《マリア月乙女峠へ巡礼者》(伊藤きみ子)という句を読んで、「マリア月」はいつかと調べたら5月だと分かった。続いて「乙女峠」も調べると実は有名な場所だった。キリスト教を禁じた江戸幕府が倒れたことで、長崎県浦上で隠れキリシタンが1865年「サンタマリアの御像はどこ」と名乗り出た。ところが明治政府も「浦上四番崩れ」と呼ばれる弾圧を始め、3400人もが流罪の刑を受けた。20カ所の拷問地の一つが島根県津和野町にある乙女峠で、殉教者の遺骨がまとめて埋められた。第2次大戦後、乙女峠に記念聖堂が建てられ、5月3日に乙女峠まつりを始まり、巡礼者によって聖母マリアと共に殉教者を讃えるお祝いになったという。そんな句がカトリック大国ブラジルで俳句に詠まれるというのは、どこか感慨深い。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年9月21日 大耳小耳  5月16日に来伯して伯国中を飛び回り、パラグアイでも歌声を披露している歌手中平マリコさんだが、10月6日に帰国する予定。1日に開催された「第5回さぁ~始めよう」はもちろん、県連日本祭り、アマゾン移住90周年記念行事への出演、日系福祉施設の巡回公演など精力的に飛び回り、そこで募 […]
  • 大耳小耳2019年9月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』478号が8月に発行された。《母の日や誤字も嬉しき子の便り》(モジ=幸村みさを)には思わず共感。日本語で書こうとしてくれた子の気持ちだけでも嬉しい。《蘭園や花の浄土もかくあらん》(モジ=佐々木君代)という作品からは、馥郁たる匂いまで漂ってきそう。《英語多き母国誌に […]
  • 大耳小耳2019年8月20日 大耳小耳  日伯協会(三野哲治理事長)=兵庫県神戸市所在=会報『ブラジル』984号(7月発行)を見ていたら、駐日ブラジル全権大使のエドゥアルド・パエス・サボイア氏の着任挨拶がでていた。来年は東京五輪の年であるのと同時に、在日ブラジル人にとっては「コミュニティ30周年」の記念の年だとか。1 […]
  • 大耳小耳2019年7月26日 大耳小耳  ブラジル日系熟年クラブ連合会の機関誌『ブラジル老荘の友』545号を見ていたら、羨ましい話が出ていた。毛利ペドロさんの投稿によれば、妻と二人で金婚旅行に日本45日間めぐりをしたという。下関でフグ料理、富山でホタルイカ、宮城県の松島ではイカやカキ、北海道の函館ではタラバガニやイク […]